賈充(かじゅう)

【姓名】 賈充(かじゅう) 【あざな】 公閭(こうりょ)

【原籍】 河東郡(かとうぐん)襄陵県(じょうりょうけん)

【生没】 217~282年(66歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第111回で初登場。
【正史】 登場人物。

魏(ぎ)の曹髦(そうぼう)の死に大きく関与し、晋(しん)の元勲となる。魯武公(ろのぶこう)

父は賈逵(かき)だが、母は不詳。

賈充は初め李豊(りほう)の娘を娶ったが、254年に李豊が誅殺され、その娘である李氏も流刑となった。そこで改めて郭配(かくはい)の娘の郭槐(かくかい)を娶る。

この郭槐との間に、息子の賈黎民(かれいみん。幼くして病死したという)および娘の賈南風(かなんぷう)と賈午(かご)を儲けた。のち賈南風は晋の帝位を継いだ司馬衷(しばちゅう)の「皇后(こうごう)」に昇り(290年のこと)、賈午は韓寿(かんじゅ)に嫁いだ。

228年、賈充は賈逵が死去したためその跡を継ぎ、「陽里亭侯(ようりていこう)」に封ぜられた。曹芳(そうほう)の正始(せいし)年間(240~249年)に何晏(かあん)の推挙を受け「黄門侍郎(こうもんじろう)」に任ぜられる。

249年、司馬懿(しばい)のクーデターにより曹爽(そうそう)と弟たち、さらにその一派の何晏らが皆殺しとなる。このとき賈充は免官で済み、しばらくして再起用されたという。

曹髦の甘露(かんろ)年間(256~260年)、賈充は司馬昭(しばしょう)の下で「大将軍長史(だいしょうぐんちょうし)」を務めた。

260年、曹髦が専権を振るう司馬昭の誅殺に動くと、賈充は帳下督(ちょうかとく)の成済(せいせい)を呼んで抵抗を命ずる。成済は兄の成倅(せいさい)とともに戦い、ついに曹髦を刺し殺した。

のち曹奐(そうかん)の咸熙(かんき)年間(264~265年)になると賈充は「中護軍(ちゅうごぐん)」を務めた。

265年9月、「衛将軍(えいしょうぐん)」に昇進し開府が認められる。

同年12月、曹奐が司馬炎(しばえん)に禅譲し魏が滅亡。賈充は「車騎将軍(しゃきしょうぐん)」に任ぜられ「魯公」に封ぜられた。

268年、賈充も策定に参加した「泰始律令(たいしりつりょう)」が完成。

271年、「都督秦涼二州諸軍事(ととくしんりょうにしゅうしょぐんじ)」を兼ねる。

翌272年、「司空(しくう)」に昇進。

276年、「太尉(たいい)」に昇進。

279年、賈充は反対を唱え続けたが、呉(ご)討伐の大軍を起こすことになる。彼が「大都督(だいととく)」に任ぜられたため、やむなく諸軍を統括することになった。

翌280年、孫晧(そんこう)が晋に降伏し、呉が滅亡。

282年、賈充は66歳で死去し「武公」と諡(おくりな)される。息子がいなかったので(異性ながら)韓謐(かんひつ。賈謐)が跡を継いだ。

韓謐は韓寿と賈午との間に生まれた息子で、賈充の外孫。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』には賈充の伝が立てられていないため、その事績も断片的なものしか拾えませんでした。一方で、唐代(とうだい)に編纂(へんさん)された『晋書(しんじょ)』には彼の伝が立てられています。

ただ、現状ではその日本語訳が整っておらず、「帝紀(ていぎ)」から官職の変遷をうかがう程度にとどめざるを得ません。私には原文を正確に訳すほどの力はありませんから、この記事も中途半端なものになってしまいました。いずれ手直しできればいいなと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】