董襲(とうしゅう)

【姓名】 董襲(とうしゅう) 【あざな】 元代(げんだい)

【原籍】 会稽郡(かいけいぐん)余姚県(よようけん)

【生没】 ?~217年(?歳)

【吉川】 第059話で初登場。
【演義】 第015回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・董襲伝』あり。

黄祖(こうそ)討伐で殊勲を立てた将軍(しょうぐん)

父母ともに不詳。

董襲は身長が8尺(せき)あり、人並み優れた腕力を備えていた。

196年、孫策(そんさく)が会稽(かいけい)に入った際、董襲は高遷亭(こうせんてい)で出迎え「門下賊曹(もんかぞくそう)」に任ぜられる。

このころ山陰(さんいん)で黄龍羅(こうりょうら)と周勃(しゅうぼつ)が数千人の賊徒を集めていたが、董襲は孫策に付き従い討伐にあたり、ふたりとも討ち取った。功により「別部司馬(べつぶしば)」に任ぜられ数千人の兵士を預かる。

やがて董襲は「揚武都尉(ようぶとい)」に昇進し、孫策に付き従って皖(かん)を攻め、さらに尋陽(じんよう)の劉勲(りゅうくん)や江夏(こうか)の黄祖を討伐した。

200年、孫策が急死し孫権(そんけん)が跡を継ぐ。

鄱陽(はよう)の彭虎(ほうこ)らが数万人の不服従民を集めていたので、董襲は淩統(りょうとう)・歩騭(ほしつ)・蔣欽(しょうきん)らとともに討伐にあたり10日ほどで平定。功により「威越校尉(いえつこうい)」に任ぜられ、のち「偏将軍(へんしょうぐん)」に昇進した。

208年、董襲は孫権の黄祖討伐に参加。このとき黄祖は2隻(せき)の蒙衝(もうしょう。突撃艦。艨艟)を横に並べて沔口(べんこう。夏口〈かこう〉)を守ろうとする。船上に配された1千人から乱射される弩(ど)のため孫権軍は進めなくなった。

ここで董襲と淩統が100人の決死隊をひきいて蒙衝の下に潜り込み、董襲自ら碇(いかり)を結ぶ太い綱を切り放す。すると蒙衝は勝手に流れ出してしまい、これに乗じた孫権軍が総攻撃を仕掛ける。

黄祖は城門を開いて逃げたものの、孫権軍の兵士(騎兵の馮則〈ふうそく〉だという)に追いつかれ斬られた。翌日には盛大な祝宴が催され、孫権は董襲の手柄も大いにたたえた。

217年、曹操(そうそう)が濡須(じゅしゅ)へ進軍してくると、董襲も孫権に付き従い迎撃に向かう。

董襲は五楼船に乗り込んで守りを固めていたが、夜間に突然の暴風に見舞われる。側近が走舸(そうか。速く走れる小舟)を用意したものの、彼は五楼船から離れることを承知せず、この夜のうちに船が転覆して亡くなった。孫権は喪服を着け葬儀に臨席し、彼の遺族に手厚い下賜品を与えたという。

管理人「かぶらがわ」より

将軍としての任務の重さがうかがえる董襲の死にざま。とはいえ、この場合は船を離れたほうがよかったような……。これほどの武人だっただけに、やはり惜しいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】