趙直(ちょうちょく)

【この記事をシェアする】

【姓名】 趙直(ちょうちょく) 【あざな】 ?

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第310話で初登場。
【演義】 第104回で初登場。
【正史】 登場人物。

蜀(しょく)の夢占い師

父母ともに不詳。

趙直は経歴がはっきりしないものの、『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉)やその裴松之注(はいしょうしちゅう)にいくつかのエピソードが見える。

蔣琬(しょうえん)が「広都県長(こうとけんのちょう)」を務めていたころ、職務怠慢のかどで免官されたことがあった。蔣琬は取り調べを受けた後、夜に夢を見る。それは牛の頭が門前に転がり、そこから血が流れ出しているというものだった。蔣琬はひどく不快に思い、趙直を呼んで尋ねる。

すると趙直が答えた。

「血を見るというのは政治に明るいことを暗示しています。牛の角と鼻とで『公』の字を表しており、あなたは必ず公の位まで昇られるでしょう。これは大吉のしるしですよ」

のち蔣琬は「大将軍(だいしょうぐん)」や「大司馬(だいしば)」にまで昇り、趙直の言った通りになった。

また、何祗(かし)が井戸の中に桑が生えている夢を見て、趙直に尋ねたことがあった。

趙直はこう答えた。

「桑は井戸の中に生えるものではありませんから、これを植え替えねばなりません。しかも桑の字は四十の下に八と書きます(桑の俗字。フォントなし)。あなたの寿命は、おそらくそれ以上にならないでしょう」

これを聞いた何祗は笑って言った。

「それだけあれば十分だ」

のち何祗は諸郡の「太守(たいしゅ)」を歴任して治績を上げたが、趙直の言った通り48歳で死去(時期は不明)した。

234年、丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)が北谷口(ほっこくこう)に進軍し魏延(ぎえん)が先鋒を務めた。諸葛亮の本営から10里(り)の所にいたとき、魏延は頭に角が生える夢を見たので趙直に見解を尋ねる。

趙直が答えた。

「麒麟(きりん)は角を持っていますが、使うことはありません。これは戦わずして賊軍(魏軍)が自滅する兆(きざ)しです」

ところが魏延のもとから退出した後、趙直はほかの者にこう言った。

「『角』という字は『刀』の下に『用』がある。頭の上に刀を用いるわけだから、これはひどい凶兆なのだ」

この年、諸葛亮が陣没すると、反逆者に仕立てられた魏延は息子たちを連れて漢中(かんちゅう)へ逃走。しかし、楊儀(ようぎ)の命を受けた馬岱(ばたい)に追いつかれて斬殺され、三族(父母・妻子・兄弟姉妹、異説もある)も処刑された。

管理人「かぶらがわ」より

蔣琬の話は『三国志』(蜀書・蔣琬伝)に、何祗の話は『三国志』(蜀書・楊洪伝〈ようこうでん〉)の裴松之注に引く陳寿(ちんじゅ)の『益部耆旧伝(えきぶききゅうでん)』の雑記に、それぞれよるもの。

そして魏延の話は『三国志』(蜀書・魏延伝)に見えており、こちらは『演義』(第104回)や『吉川版』(第310話)でも使われていました。

「夢占い師」と言ってしまうと何だか怪しげな印象を受けますけど、当時はこのジャンルも学問の一分野だったのですよね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】