孫俊(そんしゅん)B ※孫和(そんか)の息子

【姓名】 孫俊(そんしゅん) 【あざな】 ?

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫和(そんか)の息子

父は孫和、母は張氏(ちょうし)。孫晧(そんこう)・孫徳(そんとく)・孫謙(そんけん)は、みな兄。

孫俊は258年10月に騎都尉(きとい)に任ぜられた。聡明で物事の道理にも通じており、国中で評判が高かったものの、のち異母兄の孫晧に殺害された。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

孫俊が孫晧に殺されたというのは、『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫和伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く胡沖(こちゅう)の『呉歴(ごれき)』によるものです。

この記事からは、孫俊が266年の施但(したん)の反乱に絡んで殺されたのか、イマイチはっきりしませんでした。

施但の反乱では異母兄の孫謙が頭領に担ぎ出されており、施但が敗れたあと孫謙は自殺に追い込まれています。

なお、孫俊の母の張氏は孫和の正室でしたが、孫和に殉じて253年に亡くなりました。張氏の父は張承(ちょうしょう)、母は諸葛氏(しょかつし)です。そして張承は張昭(ちょうしょう)の息子、諸葛氏は諸葛瑾(しょかつきん)の娘でした。

孫俊は聡明だったといいますが、その最期は気の毒なものだったようですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました