卞氏(べんし)B ※曹操(そうそう)の妻

【姓名】 卞氏(べんし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 琅邪郡(ろうやぐん)開陽県(かいようけん)

【生没】 160~230年(71歳)

【吉川】 第244話で初登場。
【演義】 第068回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・武宣卞皇后伝(ぶせんべんこうごうでん)』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の正室、武宣卞皇后

父は卞遠(べんえん)だが、母は不詳。曹操との間に曹丕(そうひ)・曹彰(そうしょう)・曹植(そうしょく)・曹熊(そうゆう)を儲けた。

もとは歌妓(かぎ)で、20歳のとき(179年)、譙(しょう)にいた曹操の側室となった。

建安(けんあん)の初年(196年)、正室の丁夫人(ていふじん)が廃されたため代わって正室に立てられた。その際に曹操は、生母のいない息子たちをみな卞氏に養育させたという。

219年、魏王の曹操の王后(おうこう)に立てられる。

翌220年、曹操が崩御(ほうぎょ)し曹丕が魏王を継ぐと王太后(おうたいこう)の尊号を贈られ、年内に曹丕が帝位に即くと改めて皇太后(こうたいごう)の尊号を贈られた。

226年、曹丕が崩御し曹叡(そうえい)が帝位を継ぐと太皇太后(たいこうたいごう)の尊号を贈られた。

230年に崩御し高陵(こうりょう。曹操の陵墓)に合葬された。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』には、卞氏の人柄を表す逸話がありました。

「曹操の正室であった丁氏は曹昂(そうこう)を養育していたこともあり、卞氏母子をまともに扱わなかった。やがて曹昂の戦死を巡って曹操が丁氏と不和になり、丁氏は離縁される。しかし、そのあと正室に立てられた卞氏は、以前の丁氏の態度を恨みに思わず、曹操の不在時を見計らい、贈り物を届けさせたり丁氏を招待したりした」というもの。

また、同じく本伝の裴松之注に引く王沈(おうしん)の『魏書』にも、「曹操は立派な耳飾りを何組か手に入れると、いつも卞氏にひと組を選び取らせたが、卞氏は中級の品を選んだ」という話がありました。

曹操が理由を尋ねると、「上級の品を選ぶと欲が深いと取られますし、下級の品を選ぶと見せかけの行為と取られますから、中級の品を選んだのです」との答え。

「卞氏は倹約家で華美を好まず、刺繡(ししゅう)のある衣服や珠玉を持たなかった。器物はすべて黒い漆塗りのものを用いた」ともいう。

なるほど――。ほかにも王沈の『魏書』からの引用として、いろいろ載っていますね。

帝位に登った曹丕を始め、武勇に長けた曹彰、文才が輝く曹植。曹熊だけは不遇な感じでしたが、この4人の生母であることからも、魏の中心にいた女性と言えるでしょう。

追記

卞氏が丁氏に代わり曹操の正室に立てられた時期については建安の初年(196年)としていましたが、丁氏の離縁に関わる曹昂の戦死は197年のことですから、上の話と合わないように思います。

『国語辞典』で調べてみると、初年には「その年号の初めのころ」という意味もありました。ということで、文字どおりの初年(196年)とは断定できず、196年ごろという意味合いとも考えられます。この件については丁氏Bの個別記事もご覧ください。
丁氏(ていし)B ※曹操(そうそう)の妻
【姓名】 丁氏(ていし) ※名とあざなは不詳【原籍】 ?【生没】 ?~?年(?歳)【吉川】 第212話で初登場。【演義】 第068回で初登場。【正史】 登場人物。魏(ぎ)の曹操(そうそう)のもと正室、丁夫...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました