郭汜(かくし)

【姓名】 郭汜(かくし) 【あざな】 ?

【原籍】 張掖郡(ちょうえきぐん)

【生没】 ?~197年(?歳)

【吉川】 第028話で初登場。
【演義】 第003回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・董卓伝(とうたくでん)』に付された「郭汜伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

旧主の董卓亡きあと朝政を壟断(ろうだん)したひとり

父母ともに不詳。一名を多(た。郭多)ともいう。

郭汜は、董卓の娘婿である中郎将(ちゅうろうしょう)の牛輔(ぎゅうほ)の下で校尉(こうい)を務め、李傕(りかく)や張済(ちょうせい)らとともに、陳留(ちんりゅう)や潁川(えいせん)の諸県の攻略にあたった。

192年4月、董卓が呂布(りょふ)らによって殺害されると、陝(せん)にいた牛輔は李粛(りしゅく)の攻撃を受けた。牛輔は李粛を撃破し、李粛は弘農(こうのう)へ敗走したものの呂布に処刑された。

その後、夜間に牛輔の軍営で反乱が起こり逃亡者が出た。牛輔は金目の物を手に、かねて厚遇していた攴胡赤児(ほくこせきじ。攴胡の赤児)ら5、6人だけを連れて城外へ逃れ、北にある黄河(こうが)を渡ろうとした。

だがその途中、攴胡赤児らは牛輔が持ってきた金品に目がくらみ、牛輔の首を切り長安(ちょうあん)へ送った。郭汜らが戻ったころにはすでに牛輔が殺害されており、配下の兵士は故郷へ帰ることを願った。

ところが長安から赦免状は届かず、涼州(りょうしゅう)の兵士はみな処刑されているとのうわさも流れ、不安と恐怖が広がった。

そこで李傕は賈詡(かく)の献策を容れ、郭汜らとともに軍勢をひきいて西の長安へ向かう。行く先々で兵士を駆り集めたため、長安に着くころには10万を超える軍勢に膨れ上がった。

同年5月、董卓の旧臣だった樊稠(はんちゅう)・李蒙(りもう)・王方(おうほう)らと合流。長安城を包囲して10日で陥落させた。

城内で呂布の軍勢を撃破すると、6月には董卓の殺害に関わった者たちを処刑し、王允(おういん)の屍(しかばね)を市場にさらした。

同年9月、後将軍(こうしょうぐん)・美陽侯(びようこう)となる。

195年2月、主導権争いから仲間割れを起こし、李傕が樊稠を殺害。郭汜と李傕も猜疑(さいぎ)し合うようになり、このあと対立と和解を繰り返すことになった。

同年7月、献帝が長安を離れる。ほどなく献帝の洛陽(らくよう)行きを認めたことを後悔し李傕とともに献帝を追撃。

同年冬、弘農郡の曹陽県(そうようけん)で献帝の一行に追いつく。

同年11月、楊奉(ようほう)および河東(かとう)のもと白波賊(はくはぞく)の頭目である韓暹(かんせん)・胡才(こさい)・李楽(りがく)らの軍勢を撃破。兵士たちを放って公卿(こうけい)百官を殺害させると、宮女を略奪し弘農へ乱入。

同年12月、献帝が陝、大陽(たいよう)、安邑(あんゆう)の各地を転々とする。

翌196年、太僕(たいぼく)の韓融(かんゆう)が勅使として弘農に到着。献帝の和睦要請に応じ、略奪した宮女や公卿百官と乗輿(じょうよ。天子〈てんし〉の御車)などを返還。

同年7月、献帝が洛陽に還幸。

同年8月、曹操(そうそう)の意向に従い、献帝が許(きょ)への遷都を決定。

翌197年、配下の部将だった五習(ごしゅう)の襲撃を受け、郿(び)で殺害された。

なお、李傕は曹操の命を受けた謁者僕射(えっしゃぼくや)の裴茂(はいぼう)に敗れ、三族(父母・妻子・兄弟姉妹、異説もある)ともども処刑された。張済は飢えに苦しみ、南陽(なんよう)へ行って略奪を働いたが、穣(じょう)の住民に殺害された。

主な経歴

生年は不詳。

-?年-
この年、董卓の娘婿である中郎将の牛輔の下で校尉を務め、陳留や潁川の諸県の攻略にあたった。

-192年-
4月、董卓が呂布らに殺害される。

5月、賈詡の献策に従い、李傕らとともに長安へ向かう。董卓の旧臣だった樊稠・李蒙・王方らと合流。長安城を包囲して10日で陥落させる。

6月、董卓の殺害に関わった者たちを処刑し、王允の屍を市場にさらす。

9月、後将軍・美陽侯となる。

この年、韓遂(かんすい)と馬騰(ばとう)らが漢(かん)に降伏し、軍勢をひきいて長安に到着。韓遂は鎮西将軍(ちんぜいしょうぐん)に任ぜられて涼州へ帰り、馬騰は征西将軍(せいせいしょうぐん)に任ぜられて郿に駐屯した。

-194年-
?月、侍中(じちゅう)の馬宇(ばう)が、諫議大夫(かんぎたいふ)の种邵(ちゅうしょう)や左中郎将(さちゅうろうしょう)の劉範(りゅうはん)らと計り、馬騰に長安を襲撃させ、自分たちは城内から呼応して郭汜らを誅殺しようとした。

3月、馬騰が軍勢をひきいて長平観(ちょうへいかん)まで来たところで計画が露見。馬宇らは槐里(かいり)へ逃亡。樊稠が馬騰を撃破し、敗れた馬騰は涼州へ逃げ帰った。さらに樊稠は槐里を攻め、馬宇らを敗死させた。

このころ三輔(さんぽ。長安を中心とする地域)は数十万戸を有していたが、郭汜らは兵士を遣って略奪を働かせ、街や村を攻略した。そのため民は飢えに苦しみ、2年の間に互いに食らい合うという惨状を呈し、ほとんど死に絶えてしまった。

-195年-
2月、主導権争いから仲間割れを起こし、李傕が樊稠を殺害。郭汜と李傕は猜疑し合うようになり、長安の市街で戦闘を繰り広げるに至った。

3月、李傕が献帝を人質として軍営に連れ込む。李傕から公卿を使者として講和の呼びかけがあったが、公卿を拘束して人質とする。李傕との争いはやまず、攻撃し合うことが数か月に及び、1万を超える死者が出た。

?月、李傕配下の部将の楊奉と軍官の宋果(そうか)らが李傕の暗殺を計る。事が漏れたためふたりは部隊を挙げて反逆。これにより李傕の勢いが衰えた。

6月、陝から来た張済の説得を受け入れ、李傕と和解。

7月、献帝が長安を離れる。

8月、献帝が新豊(しんぽう)・霸陵(はりょう)の辺りまで到達。

10月、献帝を脅して連れ戻し、郿に都を置こうと企む。献帝は楊奉の軍営に逃げ込み、郭汜の軍勢は楊奉に撃破される。やむなく終南山(しゅうなんざん)へ逃走。楊奉と将軍の董承(とうしょう)は献帝を奉じて洛陽へ向かった。

?月、献帝の洛陽行きを認めたことを後悔し再び李傕と和解。献帝を追う。

冬、弘農郡の曹陽県で献帝の一行に追いつく。

11月、楊奉が、河東のもと白波賊の頭目である韓暹・胡才・李楽らを急いで呼び寄せて合流。李傕・郭汜軍との間で大規模な戦闘となる。ここで楊奉らの軍勢を撃破。兵士を放ち公卿百官を殺害させると、宮女を略奪し弘農へ乱入した。

12月、献帝が陝に逃走。北へ向かって黄河を渡り、大陽、さらに安邑へと移る。

-196年-
?月、太僕の韓融が勅使として弘農に到着。ここで献帝の和睦要請に応ずる。

6月、献帝が聞喜(ぶんき)に到着。

7月、献帝が洛陽に還幸。

8月、曹操の意向に従い、献帝が許への遷都を決定。

-197年-
この年、配下の部将だった五習の襲撃を受け、郿で殺害された。

管理人「かぶらがわ」より

郭汜らは董卓没後の混乱に乗じ、いったん朝廷の実権を握ったわけですが、結局は仲間割れから自滅。ベタな荒くれさんたちで、足りないものが多すぎました。

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『典略(てんりゃく)』には、郭汜と李傕が仲たがいしたきっかけとして次のような話がありました。

「しばしば李傕は郭汜を酒宴に招き、ときには引き留めて屋敷に泊まらせることもあった。郭汜の妻は、李傕が夫に婢妾(ひしょう)をあてがい、夫婦間の愛情が奪われることを恐れ、夫と李傕を離間させたいと思った」

「ちょうど李傕から贈り物が届けられたので、彼女は味噌(みそ)を使い薬を作っておいた。郭汜が贈り物を食べようとすると、『外から来た食べ物には何か仕掛けがあるかもしれません』と言い、作っておいた薬を出してみせた」

「そして、『両雄並び立たず、とか。私はもともと、あなたが李公(李傕)を信頼していらっしゃることを疑問に思っておりました』とも言った」

「別の日、李傕に招待された郭汜は存分に酒を振る舞われたが、毒を盛られたのではないかと疑いを抱く。帰宅した郭汜は糞(くそ)を絞った汁を飲み解毒したが、このことから李傕と不和になり、互いに軍勢を整えて攻撃し合うことになった」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました