温恢(おんかい)

【姓名】 温恢(おんかい) 【あざな】 曼基(まんき)

【原籍】 太原郡(たいげんぐん)祁県(きけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・温恢伝』あり。

曹操(そうそう)が手元に置きたがった逸材

父は温恕(おんじょ)だが、母は不詳。息子の温生(おんせい)は跡継ぎ。

温恢は15歳のとき「涿郡太守(たくぐんのたいしゅ)」を務めていた父を亡くし、その柩(ひつぎ)を守って郷里へ帰る。

家は裕福だったものの、彼は世の混乱ぶりを見、富を持っていても仕方がないと考え、すっかり一族の者たちに分け与えてしまう。郷里の人々は立派な行いだとたたえ、前漢(ぜんかん)末の郇越(しゅんえつ)に比した。

その後、温恢は孝廉(こうれん)に推挙され、「廩丘県長(りんきゅうけんのちょう)」「鄢陵県令(えんりょうけんのれい)」「広川県令(こうせんけんのれい)」「彭城国相(ほうじょうこくのしょう)」「魯国相(ろこくのしょう)」を歴任し、いずれの任地でも高い評価を得たという。

208年、中央へ入って「丞相主簿(じょうしょうしゅぼ)」となった後、ほどなく地方へ出て「揚州刺史(ようしゅうのしし)」を務める。

このとき曹操は「卿(きみ)をそば近くに置いておきたいと強く思うが、やはり揚州の重要さとは比べられない」と言い、合肥(ごうひ)に駐屯している張遼(ちょうりょう)や楽進(がくしん)らに対しても、「揚州刺史は軍事に通じているから、よく彼と相談して動くようにせよ」と言い送った。

219年、孫権(そんけん)が合肥を攻めた際(この記事についてはよくわからず)、温恢は兗州刺史(えんしゅうしし)の裴潜(はいせん)に向かって言った。

「この辺りにいる賊軍(孫権軍?)については心配しなくてよい。それより気がかりなのは、征南(せいなん。征南将軍〈せいなんしょうぐん〉)の軍に不測の事態が起こることだ」

「このところ(漢水〈かんすい〉の)水が増えつつあるのに、子孝(しこう。曹仁〈そうじん〉のあざな)は樊城(はんじょう)で敵地深く孤立して将来の危険に備えていない。(劉備〈りゅうび〉配下の)関羽(かんう)は勇猛だから、利に乗じて攻めてくれば、きっと災難を生ずるだろう」

結局、(于禁〈うきん〉が関羽に捕らえられるという)樊城の事件が起こる。これを受け、曹操は裴潜と豫州刺史(よしゅうしし)の呂貢(りょこう)らに出撃を命じたが、ゆっくり来いとも言いつけた。

温恢はひそかに裴潜に教える。

「これは襄陽(じょうよう)の危急に駆けつけよということだろう。急いで来るよう言われないのは遠方の民を動揺させないためだ。1日か2日のうちには密書が届き、卿に早く来いと急き立てるはず。すぐに張遼らも召されるだろうが、彼らは王(曹操)のお心をよく知っている。後から召された者が先に到着したら、卿はおとがめを受けるぞ」

そこで裴潜は輜重(しちょう)をとどめ、軽装備に改めて進発したが、やはり到着を催促する命令が届く。張遼らが続いて召されたことも温恢の予想どおりだった。

翌220年、曹丕(そうひ)が帝位に即くと温恢は「侍中(じちゅう)」に任ぜられ、のち地方へ出て「魏郡太守(ぎぐんのたいしゅ)」となった。

数年して「涼州刺史(りょうしゅうのしし)・持節(じせつ)・領護羌校尉(りょうごきょうこうい)」に昇進したが、赴任の道中で病にかかり亡くなる(時期は不明)。このとき45歳だった。曹丕は彼の死を悼む詔(みことのり)を下し、息子の温生を「関内侯(かんだいこう)」に封じた。

管理人「かぶらがわ」より

捉えづらい記事もありましたが、孫権の勢力圏と接する揚州をよく保った名刺史でした。財産にこだわらないうえ地方での治績も豊富。さらに曹操が認める軍事の才能まで持つとなれば、「揚州刺史」への起用はうなずけます。赴任途中の病がなければ涼州でも活躍していたことでしょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】