張既(ちょうき)

【姓名】 張既(ちょうき) 【あざな】 徳容(とくよう)

【原籍】 馮翊郡(ひょうよくぐん)高陵県(こうりょうけん)

【生没】 ?~223年(?歳)

【吉川】 第186話で初登場。
【演義】 第059回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・張既伝』あり。

雍涼(ようりょう)の安定に多大な貢献

父母ともに不詳。息子の張緝(ちょうしゅう)は跡継ぎで、張翁帰(ちょうおうき)も同じく息子。

張既は16歳で馮翊郡の小吏(下級官吏)となる。のちに郡の高官を歴任するまでになり、孝廉(こうれん)に推挙されたが都へは上らなかった。

196年に「司空(しくう)」となった曹操(そうそう)から召されたが、まだ行かないうちに茂才(もさい)に推挙され「新豊県令(しんぽうけんのれい)」に任ぜられる。新豊における治績は「三輔(さんぽ。長安〈ちょうあん〉を中心とする地域)第一」と評価された。

203年、曹操に黎陽(れいよう)で抵抗した袁尚(えんしょう)が、西方へ使者を遣わし関中(かんちゅう)の将軍(しょうぐん)たちと結ぼうとすると、張既は司隷校尉(しれいこうい)の鍾繇(しょうよう)の命を受け馬騰(ばとう)らの説得に成功。

205年、先に降っていた高幹(こうかん)が幷州(へいしゅう)で反乱を起こす。

これを受け、河内(かだい)の張晟(ちょうせい)配下の1万余が崤(こう)や澠(べん)の地を荒らし回り、河東(かとう)の衛固(えいこ)や弘農(こうのう)の張琰(ちょうえん)も挙兵し高幹に呼応した。

張既は「議郎(ぎろう)」として鍾繇の軍事に参画。馬騰らを呼び寄せ張晟軍を撃破する。衛固と張琰は斬首され、高幹は荊州(けいしゅう)へ逃走。この功により張既は「武始亭侯(ぶしていこう)」に封ぜられた。

208年、曹操は荊州の劉表(りゅうひょう)討伐をもくろむが、依然として関中に割拠する馬騰らの動きが気になる。そこで、命を受けた張既が再び馬騰のもとへ赴き、軍を解散して帰郷させるよう伝えた。

馬騰はいったん承知したものの、そのあと態度を変えてグズグズし、張既は変事の発生を心配する。張既は諸県に布告し食糧の備蓄を急がせる一方、太守(たいしゅ)には郊外まで馬騰を出迎えるよう命じた。

やむなく馬騰が許都(きょと)へ向かうと、曹操は上奏して「衛尉(えいい)」とし、息子の馬超(ばちょう)を「将軍」としたうえ父の軍勢を任せた。

211年、馬超が反乱を起こした際、張既は曹操に付き従い華陰(かいん)で撃破し、西方へ進んで関右(かんゆう。関中)を平定する。張既は「京兆尹(けいちょうのいん)」に任ぜられると、流民を招き寄せて県や邑(むら)の復興に尽力し民から慕われた。

213年、魏が建国されたあと「尚書(しょうしょ)」を務め、地方へ出て「雍州刺史(ようしゅうのしし)」に転ずる。

翌214年、夏侯淵(かこうえん)とともに宋建(そうけん)討伐にあたり、別軍として臨洮(りんとう)や狄道(てきどう)を攻め取った。

このとき曹操は住民を河北(かほく)に移住させたため、隴西(ろうせい)・天水(てんすい)・南安(なんあん)の3郡は動揺を来す。しかし、張既が3郡出身の将校や官吏に休暇を与え、住まいを修理させたり水碓(すいたい。水車の力を利用したうす)を作らせたところ民心は安定した。

翌215年4月、曹操の張魯(ちょうろ)討伐にも付き従い、別軍として散関(さんかん)から出撃。反抗する氐族(ていぞく)を討ち、麦を刈り取って自軍の兵糧に充てた。

同年11月に張魯が降伏した後、張既は曹操に進言し、漢中(かんちゅう)の数万戸を移住させ、長安および三輔の人口を増やすよう勧めた。

217年、劉備(りゅうび)配下の張飛(ちょうひ)・馬超・呉蘭(ごらん)らが下弁(かべん)に侵出。

翌218年、張既は曹洪(そうこう)とともに呉蘭を撃破する。

翌219年、曹操が漢中から撤退を決意した際、劉備が北へ出て武都(ぶと)の氐族を味方に付け、関中に圧力をかけてくることを不安視。

対策を尋ねられた張既は、北方の穀物に恵まれた地へ移るよう氐族に勧め、賊(劉備)を避けさせればよいとしたうえ、先に到着した者に手厚い褒美を与えるよう言った。

曹操はこの策を容れ、自ら漢中に赴き諸軍の引き揚げを指揮する一方、張既を武都へ遣り、氐族の5万余人を扶風(ふふう)と天水両郡の郡界に移住させた。

このころ、武威(ぶい)の顔俊(がんしゅん)、張掖(ちょうえき)の和鸞(からん)、酒泉(しゅせん)の黄華(こうか)、西平(せいへい)の麴演(きくえん)らが郡を挙げて反乱を起こし、勝手に「将軍」を名乗って互いに攻撃し合っていた。

そのうちの顔俊が母と子を人質として送ったうえ、曹操に援助を求めてきたとき、意見を聞かれた張既はこう答えた。

「顔俊らは殿のご威光を借りながら、不遜で逆心を抱いております。思い通りに事が運び勢いづけば、すぐに背きましょう。今は劉備を討伐することに掛かりきりですので、とにかくみな存立させておき、奴らを戦わせたほうがよろしいかと思います」

それから1年ほど後、和鸞は顔俊を殺し、その和鸞もまた武威の王秘(おうひ)に殺された。

当時まだ涼州が置かれておらず、三輔から西域(せいいき)に至る地はすべて雍州に属していた。220年、曹丕(そうひ)が「魏王(ぎおう)」を継ぐと初めて涼州が置かれ、安定太守(あんていたいしゅ)の鄒岐(すうき)を「涼州刺史」とした。

ところが、張掖の張進(ちょうしん)が太守の杜通(ととう)を捕らえて挙兵し、鄒岐の着任を拒否する。黄華と麴演も太守を追い出して挙兵し、張進に呼応した。

張既は兵を進めて護羌校尉(ごきょうこうい)の蘇則(そそく)の加勢を装い、この動きを宣伝させる。おかげで蘇則は討伐の功を上げることができ、張既は「都郷侯(ときょうこう)」に爵位が進んだ。

翌221年、涼州の異民族である盧水(ろすい)・伊健妓妾(いけんぎしょう)・治元多(ちげんた)らが反乱を起こし、河西(かせい)は大騒動となる。

事態を重く見た曹丕は、涼州刺史の鄒岐を召し還し張既と交代させた。その際に下した詔(みことのり)の中で、先に判断を仰ぐことなく適宜に処置することも認めた。さらに護軍(ごぐん)の夏侯儒(かこうじゅ)や将軍の費曜(ひよう)らを張既の後続部隊として続かせた。

金城(きんじょう)まで来ると、張既はみなの反対を制して黄河(こうが)を渡り、迅速に武威を目指そうとする。賊軍7千が鸇陰口(せんいんこう)で待ち受けていたが、張既は鸇陰を通ると宣伝させておき、ひそかに且次(しょじ)を経て武威に到着した。

賊は神業だと驚き、顕美(けんび)へと撤退。こうして張既が武威を押さえた後、ようやく費曜が着き、いまだ夏侯儒らは着かなかった。

将兵に褒美を与えてねぎらうと、すぐ張既は賊軍の追撃にかかろうとする。みな兵が疲れきっているからと反対したが、張既は現状を分析して追撃を断行し顕美へ向かう。

賊軍の騎兵数千が、大風を利して軍営の焼き打ちを計ろうとしたため、魏の将兵は心配。張既は夜を待ち精兵3千を伏せたうえ、参軍(さんぐん)の成公英(せいこうえい)に1千余騎で賊軍に挑ませた。

成公英が策に従い負けたふりをすると、予想どおり賊軍は追いかけてきた。張既は伏兵を繰り出して賊軍の背後を断ち、これを挟撃し散々に討ち破る。首を斬ったり生け捕ったりした敵兵は5ケタの数に上った。

曹丕は詔を下して功をたたえ、張既を「西郷侯(せいきょうこう)」に移封し200戸を加増。以前と合わせ、封邑(ほうゆう)は400戸となる。

のち酒泉の蘇衡(そこう)が反乱を起こし、羌族の有力者である鄰戴(りんたい)や丁令(ていれい)の蛮族1万騎とともに国境地帯の県を攻撃した。張既は夏侯儒と鎮圧にあたり、蘇衡や鄰戴を降す。

その後、左城(さじょう)の修理と砦(とりで)の築造、さらに物見櫓(ものみやぐら)と食糧貯蔵庫を整備し蛮族に備えたいと請願。西羌族は恐れをなし、2万余の部族民を連れて降った。

別に西平の麴光(きくこう)らが太守を殺害すると、みな討伐を主張。だが張既は、麴光らが反乱を起こしただけのことで、郡民が必ずしも同調しているわけではないと判断。

軍勢をひきいて迫るより、奴らが後ろ盾にしようとしている羌族を説き、先手を取って彼らに襲撃させたほうがよい。その際に手厚い恩賞と高額の礼金を与え、鹵獲品(ろかくひん)もすべて与えることにすれば、戦わずに落ち着くに違いないと述べた。

布令文を出して羌族を説諭し、麴光らにだまされ反乱に巻き込まれた者を赦免。よく賊の頭目を斬って首を送ってきた者には必ず領地や恩賞を与えるとした。その結果、麴光の首が一味の者によって届けられ、みなもとの通り落ち着いた。

223年、張既が死去すると息子の張緝が跡を継いだ。曹丕は張既の功績を高く評価し、彼の末息子の張翁帰も「関内侯(かんだいこう)」に封じた。

226年、曹叡(そうえい)が帝位を継ぐと、亡き張既に「粛侯(しゅくこう)」の諡号(しごう)が追贈された。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によると、張既の家は代々の名家ではなかったものの、彼自身は容貌や行いが優れていたということです。

若いころから文章を書くことが巧みで、郡の書簡を扱う役所の小役人となると、家も豊かになったのだと。

彼は名門の出身ではなかったことから、自力だけで昇進する道がないと考え、いつも上等な刀(誤字などを削る小刀)と筆、それに書板を用意しておき、上官に持っていない者を見つけては渡していた。そのおかげで認められるようになったのだとも。この話も一端を表しているのでしょうが、彼はよく気の回る人だったらしい。

また本伝によると、張既はふたつの州(雍州と涼州)を統治すること10余年に及んだが、その政治と仁愛は評判の高いものだったといい、彼が礼をもって迎えた扶風の龐延(ほうえん)、天水の楊阜(ようふ)、安定の胡遵(こじゅん)、酒泉の龐淯(ほういく)、燉煌(とんこう)の張恭(ちょうきょう)や周生烈(しゅうせいれつ)などは、みな最後に名声と地位を得たともありました。

前に採り上げた梁習(りょうしゅう)は幷州の治績でたたえられていましたが、こちらの張既の治績も立派なものですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】