陶謙(とうけん)

【姓名】 陶謙(とうけん) 【あざな】 恭祖(きょうそ)

【原籍】 丹楊郡(たんようぐん)

【生没】 132~194年(63歳)

【吉川】 第025話で初登場。
【演義】 第005回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・陶謙伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人格者のイメージは創作か?

父母ともに不詳。父はもと余姚県長(よようけんのちょう)だったが、陶謙が幼いころに亡くなったという。陶商(とうしょう)と陶応(とうおう)というふたりの息子がいた。妻は同郷で、もと蒼梧太守(そうごたいしゅ)の甘公(かんこう)の娘。

陶謙は若いころから学問好きで太学(たいがく)の学生となる。のち州郡に出仕し孝廉(こうれん)や茂才(もさい)に推挙され、尚書郎(しょうしょろう)を経て舒県令(しょけんのれい)や盧県令(ろけんのれい)を務めた。

このころ西羌族(せいきょうぞく)が国境地帯を荒らしたため、皇甫嵩(こうほすう)が征西将軍(せいせいしょうぐん)として討伐にあたった。

皇甫嵩から部将の派遣を要請する上表があったため、陶謙が召し寄せられた。こうして陶謙は揚武都尉(ようぶとい)として従軍し、西羌族を散々に撃破した。幽州刺史(ゆうしゅうのしし)に昇進したあと、中央に召し還され議郎(ぎろう)となった。

184年、徐州(じょしゅう)で黄巾賊(こうきんぞく)が蜂起すると徐州刺史として起用され、黄巾賊を攻撃して敗走させた。

186年、辺章(へんしょう)と韓遂(かんすい)が反乱を起こすと、司空(しくう)の張温(ちょうおん)が討伐の命を受けた。

陶謙は要請を受けて参軍事(さんぐんじ)に就任し、張温から厚遇された。だが、張温の指揮ぶりを軽蔑(けいべつ)しており、内心では反感を抱いていた。

190年1月、反董卓(とうたく)連合軍が決起。

同年2月、献帝(けんてい)は董卓に長安(ちょうあん)への遷都を迫られ、四方との交通は途絶した。

このとき陶謙は使者を遣わし間道づたいに貢ぎ物を献じたため、安東将軍(あんとうしょうぐん)・徐州牧(じょしゅうのぼく)に昇進し溧陽侯(りつようこう)に封ぜられた。

当時の徐州は比較的に裕福で、穀物の蓄えも十分だったので、居住地を離れて流浪する民の多くが身を寄せた。ところが陶謙は道義に背き、感情に任せて行動した。

広陵太守(こうりょうたいしゅ)の趙昱(ちょういく)は徐州の名士だったが、忠義で正直な人柄のために疎まれ、曹宏(そうこう)らは邪悪な小物だったにもかかわらず重用された。法と刑罰は均衡を失い、善良な人々がひどい目に遭わされ混乱が深まっていった。

192年、袁術(えんじゅつ)が公孫瓚(こうそんさん)に救援を要請。これを受け公孫瓚は、劉備(りゅうび)を高唐(こうとう)に、単経(ぜんけい)を平原(へいげん)に、陶謙を発干(はっかん)に、それぞれ駐屯させ袁紹(えんしょう)を圧迫した。しかし、曹操(そうそう)が袁紹に協力してこれらを攻め、すべて討ち破った。

翌193年6月、下邳(かひ)の闕宣(けつせん)が天子(てんし)を僭称(せんしょう)。

陶謙は闕宣と結び、泰山郡(たいざんぐん)の華県(かけん)と費県(ひけん)を奪う。さらに任城国(じんじょうこく)も攻略して略奪を働く。そして、あとになり闕宣を殺害したうえ配下の軍勢を併せた。

このころ曹操の父の曹嵩(そうすう)が泰山郡にいたが、陶謙配下の部将によって殺害されてしまう。このことから陶謙は曹操の恨みを買った。

同年秋、曹操が軍勢をひきいて徐州へ攻め寄せ、10余城が陥落。陶謙は彭城(ほうじょう)で敗れて逃走したが、このときの死者は万単位に上り、泗水(しすい)の流れがせき止められるほどだった。

陶謙が郯(たん)へ引き守りを固めると、曹操も兵糧が乏しくなったため引き揚げた。このとき公孫瓚の配下で青州刺史(せいしゅうしし)の田楷(でんかい)に救援を求めたところ、彼は劉備とともに駆けつけた。陶謙は4千の兵を加えてやり、田楷のもとを離れた劉備を徐州へ迎えることにした。

翌194年、劉備を豫州刺史(よしゅうのしし)とするよう上表し、小沛(しょうはい)に駐屯させる。

同年夏、曹操が再び軍勢をひきいて徐州へ攻め寄せ、琅邪(ろうや)と東海(とうかい)の諸県が攻め落とされた。

曹操は東海からの帰路、郯の東で劉備に加え陶謙配下の曹豹(そうほう)を撃破。さらに襄賁(じょうほん)も攻略。曹操軍の通過した地域では多くの者が虐殺された。

陶謙はおじけづき、故郷の丹楊へ帰ろうかと考えた。たが、ちょうどこのころ張邈(ちょうばく)が曹操に背いて呂布(りょふ)を迎え入れたため、曹操は兗州(えんしゅう)へ引き返さざるを得なくなった。

陶謙は病が重くなり、劉備に徐州を託すとこの年のうちに亡くなった。このとき63歳だった。

管理人「かぶらがわ」より

前の公孫瓚と同様、この陶謙の伝についても時間的な経過がつかみにくかったです。特に若いころの経歴は、記事が交錯していてわかりにくさがありました。

吉川『三国志』や『三国志演義』での陶謙は、良識を備えた温厚な人物として描かれていましたが、実際はそのような人格者ではなかったようです。

劉備に徐州を託したことは一定の評価ができそうですけど、陶謙のふたりの息子は仕官しなかったそうですし、たまたま劉備がいたからそうなっただけでは? とも思わせます。史実と創作とのギャップが大きく、どうもイメージしづらい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました