魏の曹氏人物データ

蘇氏(そし) ※曹丕(そうひ)の妻、蘇姫(そき)

【姓名】 蘇氏(そし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹丕(そうひ)の側室、蘇姫(そき)

父母ともに不詳。曹丕との間に曹邕(そうよう)を儲けた。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・邯鄲懐王邕伝〈かんたんかいおうようでん〉)によると、曹邕は221年に淮南公(わいなんこう)に封ぜられ、九江郡(きゅうこうぐん)を領国としました。

翌222年に淮南王へ爵位が進み、223年に陳王(ちんおう)、225年には邯鄲王に移封され、229年に薨去(こうきょ)したということです。

その後、231年になり、任城王(じんじょうおう)の曹楷(そうかい)の息子である曹温(そうおん)が曹邕の跡を継いでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このページをシェアする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました