孫静(そんせい)

【姓名】 孫静(そんせい) 【あざな】 幼台(ようだい)

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第033話で初登場。
【演義】 第007回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・孫静伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫堅(そんけん)の弟

父母ともに不詳。孫羌(そんきょう)と孫堅は兄。

孫暠(そんこう)・孫瑜(そんゆ)・孫皎(そんこう)・孫奐(そんかん)・孫謙(そんけん)という5人の息子がいた。

189年、兄の孫堅が董卓(とうたく)討伐のために挙兵したとき、孫静は一族や同郷の者たち5、600人を集め後方の守りを固めた。みなよく孫静の指示に従ったという。

甥の孫策(そんさく)が劉繇(りゅうよう)を討ち破り周辺の諸県を安定させると、196年には軍勢を進めて会稽(かいけい)の攻略に向かった。孫静は孫策の使者から話を聞き、一家眷属(けんぞく)を引き連れて銭唐(せんとう)で合流した。

このとき会稽太守(かいけいたいしゅ)の王朗(おうろう)が、銭唐江(せんとうこう)の対岸にある固陵(こりょう)で孫策軍を食い止めており、孫策は何度も川を渡って戦いを仕掛けたものの勝つことができずにいた。

そこで孫静は孫策に、要害を背にして城に立てこもる王朗を直接攻めず、南へ数十里(り)離れた要衝の査瀆(さとく)を攻め取り、そこを足場とするよう進言して容れられた。

孫策は夜を待ち、数百個の甕(かめ)を並べて火を燃やさせ、王朗を欺く。そして軍勢を分けて査瀆への道を進み、孫静を先鋒に高遷(こうせん)の軍営を襲撃した。

知らせを受けた王朗は大いに驚き、もとの丹楊太守(たんようたいしゅ)の周昕(しゅうきん)らを出撃させた。孫策は周昕らを撃破して首を斬り、勝利の勢いに乗って会稽郡を平定した。

孫策は、孫静を奮武校尉(ふんぶこうい)に任ずるよう上表し要職に充てようとしたが、孫静は故郷や一族の者を懐かしく思い、官職に就くことを願わず、故郷の守りにあたりたいと申し出て許される。

200年に孫策が急死し甥の孫権(そんけん)が跡を継ぐと、孫静は官に復帰して昭義中郎将(しょうぎちゅうろうしょう)まで昇進し、退官後に自宅で亡くなった。

管理人「かぶらがわ」より

孫静が孫策に査瀆への急襲を勧めた話は、吉川『三国志』(第59話)や『三国志演義』(第15回)にも登場しており、そちらのファンとしては「孫静叔父上」という印象が強いです。

弟として兄の孫堅に助力し、兄の死後は叔父として孫策や孫権を支えました。息子たちにも活躍した人物が多いですね。

生没年がはっきりしませんが、兄の孫堅(156年もしくは155年生まれ)や次男の孫瑜(177年生まれ)から想像すると、孫静の生年は150年代の後半だと思われます。なので、孫堅とはそれほど年齢差がなかったのではないでしょうか?
吉川『三国志』の考察 第059話「名医(めいい)」
江東(こうとう)諸郡の攻略を着々と進めていた孫策(そんさく)のもとに、母や弟の孫権(そんけん)らを残してきた宣城(せんじょう)が夜襲を受けたとの知らせが届く。孫策が急ぎ宣城まで戻ると、母たちの身は無事だったものの、孫権を助けようとし...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました