賀邵(がしょう)

【姓名】 賀邵(がしょう) 【あざな】 興伯(こうはく)

【原籍】 会稽郡(かいけいぐん)山陰県(さんいんけん)

【生没】 227~275年(49歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・賀邵伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫晧(そんこう)への諫言が引き金になり、無残な死を遂げる

父は賀景(がけい)だが、母は不詳。曾祖父は賀輔(がほ)で祖父は賀斉(がせい)。賀達(がたつ)は伯父。賀恵(がけい)は弟。賀質(がしつ)は従兄弟。賀循(がじゅん)という息子がいた。

258年、孫休(そんきゅう)が帝位を継ぐと、賀邵は中郎(ちゅうろう)から散騎中常侍(さんきちゅうじょうじ)となり、のち呉郡太守(ごぐんのたいしゅ)に転ずる。

264年、孫晧が帝位を継ぐと、賀邵は中央へ戻って左典軍(さてんぐん)となり、中書令(ちゅうしょれい)に昇進し太子太傅(たいしたいふ)を兼ねた。

孫晧が凶暴かつ傲慢な態度で政治を行うようになると、賀邵は上疏文を奉って強く諫めたため、孫晧にひどく恨まれる。

また賀邵は公正さを貫いたことで、日ごろ孫晧に親近する者たちから憚(はばか)られる存在だったが、そのうち「賀邵は楼玄(ろうげん)とともに国家を誹謗(ひぼう)している」と讒言(ざんげん)された。

賀邵と楼玄は取り調べを受け、楼玄は広州(こうしゅう)へ流されたが、やがて賀邵のほうは復職を認められた。

ところがその後、賀邵は中風(ちゅうぶ)を患い話せなくなる。そこで辞職し数か月を過ごしたが、孫晧は彼が病にかこつけて引退を願い出たのではないかと疑い、酒蔵に閉じ込め拷問を加えさせた。

しかし、賀邵はひと言も話さぬまま殺害(275年のこととある)され、一族も臨海郡(りんかいぐん)への強制移住を命ぜられる。このとき賀邵は49歳だったという。

管理人「かぶらがわ」より

この賀邵については、一部で賀劭と書かれている箇所もあるようです。

賀邵の上疏文には当時の朝廷の惨状が列挙されており、孫晧の機嫌を損ずるに十分すぎるものでした。

とはいえ、君主が自分におもねる小人物ばかりを重用し、耳に痛い正論を述べる良臣に難癖をつけて殺害してばかりいるようでは、もはや国家の存続など絶望的――。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の重臣
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました