魏延(ぎえん)

【姓名】 魏延(ぎえん) 【あざな】 文長(ぶんちょう)

【原籍】 義陽郡(ぎようぐん)

【生没】 ?~234年(?歳)

【吉川】 第141話で初登場。
【演義】 第041回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・魏延伝』あり。

諸将との折り合いを欠き、最後は反逆者に仕立てられる

父母ともに不詳。数人の息子(名は不詳)がいたことがうかがえる。

211年、魏延は劉備(りゅうび)に付き従い蜀へ入り、数々の戦功を立て「牙門将軍(がもんしょうぐん)」に任ぜられた。

219年、劉備が「漢中王(かんちゅうおう)」になると政庁を成都(せいと)へ移す。そのため漢川(かんせん)の守りとして、有力な将軍を漢中(かんちゅう)にとどめておく必要があった。

多くの者は張飛(ちょうひ)が起用されると考えていたが、意外にも魏延が「督漢中(とくかんちゅう)・鎮遠将軍(ちんえんしょうぐん)」に抜てきされ「漢中太守(かんちゅうのたいしゅ)」を兼ねた。

221年、劉備が帝位に即くと魏延は「鎮北将軍(ちんぼくしょうぐん)」に昇進。

223年、劉禅(りゅうぜん)が帝位を継ぐと魏延は「都亭侯(とていこう)」に封ぜられる。

227年、諸葛亮(しょかつりょう)が北伐のため漢中に進駐すると、魏延は改めて「督前部(とくぜんぶ)」に任ぜられ「丞相司馬(じょうしょうしば)」と「涼州刺史(りょうしゅうのしし)」を兼ねた。

230年、魏延は西方の羌中(きょうちゅう)へ進攻し、魏(ぎ)の後将軍(こうしょうぐん)の費瑶(ひよう)や雍州刺史(ようしゅうしし)の郭淮(かくわい)を陽谿(ようけい)で大破する。この功により「前軍師(ぜんぐんし)・征西大将軍(せいせいだいしょうぐん)・仮節(かせつ)」に昇進し「南鄭侯(なんていこう)」に爵位も進んだ。

234年、諸葛亮は北谷口(ほっこくこう)に進軍し、魏延が先鋒を務めた。諸葛亮の本営から10里(り)の場所にいたとき、魏延は頭に角が生える夢を見たので夢占いのできる趙直(ちょうちょく)に見解を尋ねてみる。

すると趙直はこう答えた。

「麒麟(きりん)は角を持っていますが、使うことはありません。これは戦わずして賊軍(魏軍)が自滅する兆(きざ)しです」

ところが魏延のもとから退出した後、趙直はほかの者にこう言った。

「『角』という字は『刀』の下に『用』がある。頭の上に刀を用いるわけだから、これはひどい凶兆なのだ」

同年秋、諸葛亮は陣中で病に苦しみ、ひそかに長史(ちょうし)の楊儀(ようぎ)、司馬の費禕(ひい)、護軍(ごぐん)の姜維(きょうい)らを呼び、自分が亡くなった後の撤退方法について指示する。

これは、魏延に殿軍(しんがり)として敵の追撃を断つよう命じ、その前を姜維が進み、もし魏延が背くようなら本軍は構わず出発せよというものだった。

ほどなく諸葛亮は陣没したが、蜀軍は事実を伏せて喪を発せず、楊儀の命を受けた費禕が魏延の意向を探りに行く。

魏延は諸葛亮の死を聞かされたものの、丞相府の属官に柩(ひつぎ)を奉じて帰国させよと言う一方、自身は諸軍をひきい賊を討つとの考えを伝える。

費禕が楊儀を説得すると言って出ていき、なかなか戻ってこなかったので、魏延が様子をうかがわせたところ、すでに諸軍は撤退を開始していた。魏延は激怒してただちに出発。楊儀らに先回りしようと図り、途中の桟道を焼き払いながら進む。

また、魏延と楊儀はともに上表を行い、それぞれ相手が反逆したと訴え、急ぎの文書が相次いで成都に届けられた。

劉禅が侍中(じちゅう)の董允(とういん)や留府長史(りゅうふちょうし)の蔣琬(しょうえん)に諮ると、ふたりは楊儀を擁護し魏延の言い分を疑う。

先着した魏延は南谷口(なんこくこう)に布陣し、兵を遣って迎撃させたが、彼らは楊儀の先鋒の何平(かへい。王平〈おうへい〉)に諭され四散してしまった。

魏延は息子たちを連れ漢中へ逃走するが、楊儀の命を受けた馬岱(ばたい)に追いつかれて斬殺され、のち三族(父母・妻子・兄弟姉妹、異説もある)も処刑されたという。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、魏延は諸葛亮に付き従い出陣するたび、1万の軍勢を分けてほしいと頼んでいたそうです。これは自ら別軍をひきいて進み、潼関(とうかん)で諸葛亮の本軍と合流し、韓信(かんしん)の故事に倣いたいとの思いからでした。

しかし諸葛亮は許さなかったので、魏延は彼を臆病者だと考え、自身の才能を十分に発揮できないことを嘆いていたのだとか。実際、魏延は兵士の養成に長けており、その勇猛さも人並み外れていたので、当時の人々はみな彼を避けるようにし、へりくだっていたともいう。

それでも楊儀だけは魏延に遠慮しなかったため怒りを買い、ふたりは水と火のような間柄だったということです。

さらに本伝には、魏延が(諸葛亮の陣没後、)北へ行って魏に降伏せず、南へ帰ろうとしたのは、ただ楊儀らを除きたいと考えたにすぎなかったからだとあり、これまでは彼の意見が諸将の賛同を得られなかったものの、今度こそ蜀の世論が、諸葛亮に代わる者として自分を望むに違いないと期待したからだともありました。

つまり陳寿(ちんじゅ)が書いている通り、実のところ魏延は反逆したわけではなかったのですよね。

結局こういう最期を遂げることになるなら、諸葛亮の存命中に魏延が献策していた長安(ちょうあん)への急襲を試してみる手もあったかも、と思ってしまいます。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】