胡質(こしつ)

【姓名】 胡質(こしつ) 【あざな】 文徳(ぶんとく)

【原籍】 楚国(そこく)寿春県(じゅしゅんけん)

【生没】 ?~250年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第096回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・胡質伝』あり。

清潔な生き方を貫いた良臣。陽陵亭貞侯(ようりょうていのていこう)

父は胡敏(こびん)だが、母は不詳。息子の胡威(こい)は跡継ぎで、胡羆(こひ)も同じく息子。

胡質は、若くして蔣済(しょうせい)や朱績(しゅせき)とともに長江(ちょうこう)や淮水(わいすい)一帯で名を知られ、州郡に仕えた。

蔣済が「揚州別駕(ようしゅうのべつが)」となり、使者として曹操(そうそう)に目通りした際、胡敏の子孫について尋ねられる。彼が胡質のことを話すと、曹操はすぐに召し寄せ「頓丘県令(とんきゅうけんのれい)」に任じた。

県民の郭政(かくせい)が従妹と密通し、その夫の程他(ていた)を殺害するという事件が起こる。この際、郡吏の馮諒(ふうりょう)も投獄され証言を行った。

郭政と従妹は鞭(むち)打ちに耐え、事実を隠し抵抗。一方の馮諒は痛みに耐えきれず、偽りの自白をしたため郭政らの罪をかぶることになった。だが胡質が着任すると、彼らの様子から何かを察し、改めて詳しく取り調べ事実を明らかにした。

やがて中央へ入って「丞相東曹議令史(じょうしょうとうそうぎれいし)」となったが、揚州からの要請があったため「治中(ちちゅう)」に転ずる。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

将軍(しょうぐん)の張遼(ちょうりょう)は配下の護軍(ごぐん)の武周(ぶしゅう)と仲たがいしていた。そこで張遼は揚州刺史(ようしゅうしし)の温恢(おんかい)に、胡質をもらい受けたいと願い出る。

胡質が病気を理由に断ると、張遼がやってきて責めた。しかし、胡質が武周の人柄をたたえると、張遼も心を動かされ仲直りした。のち胡質は再び曹操に召され「丞相属」となる。

曹丕(そうひ)の黄初(こうしょ)年間(220~226年)に「吏部郎(りぶろう)」に移り、「常山太守(じょうざんのたいしゅ)」を経て「東莞太守(とうかんのたいしゅ)」に転じた。

士人の盧顕(ろけん)が殺害される事件が起き、若い妻が残された。胡質は盧顕に仇敵(きゅうてき)がいなかったことから、妻に原因があるのではないかと考える。

彼が近所の若者ら全員に会ってみると、書吏の李若(りじゃく)が動揺の色を見せた。そこで李若を徹底的に調べたところ、たちまち自白が得られ事件は解決した。

胡質は軍功に対する賞賜をみな分け与えてしまい、家に入れることがない。郡に9年在任したが、官民は安心して暮らせるようになり、将兵もよく従ったという。

胡質は「荊州刺史(けいしゅうのしし)」に昇進。「振威将軍(しんいしょうぐん)」の官位を加えられ「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられた。

241年、呉(ご)の朱然(しゅぜん)が樊城(はんじょう)を包囲したとき、胡質は軽装の軍をひきい救援に駆けつけようとする。魏の論者は、敵の勢いが盛んなところへ近づくべきでないと言った。それでも胡質は樊城へ行って朱然の包囲陣に臨み、城内の者を落ち着かせた。

胡質は「征東将軍(せいとうしょうぐん)・仮節(かせつ)・都督青徐諸軍事(ととくせいじょしょぐんじ)」に昇進。

農業生産を拡大し穀物の蓄積に努めた結果、2年分の蓄えができる。さらに「東征台」を設置して田作と守備を両立させた。

また、諸郡に水路を通じて舟航の便を図り、敵への備えを厳重にしたため、海辺の地域では事件が起こらなくなった。胡質は沈着で内省を忘れず、自分の考え方で他人を縛ることがなかったので、それぞれの任地で慕われたという。

250年に死去したが、家に余財はなく、下賜された衣服と書物を納めた箱があるだけだった。

軍師(ぐんし)がこの様子を報告すると、胡質に「陽陵亭侯」の爵位が追贈され封邑(ほうゆう)100戸を賜る。そして「貞侯」と諡(おくりな)され、息子の胡威が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、254年、胡質は曹芳の詔(みことのり)により清潔な品行を褒賞され、遺族に銭と穀物が下賜されたということでした。

また『三国志』(魏書・徐邈伝〈じょばくでん〉)によると、このとき徐邈・胡質・田豫(でんよ)の家に、それぞれ穀物2千斛(ごく)と銭30万が下賜されています。

彼らに共通するのは賞賜をみな将兵らに分け与えてしまったことで、これはなかなかまねできないかも。ちょっとだけ家に入れるのもダメなのでしょうね……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】