胡威(こい)

【この記事をシェアする】

【姓名】 胡威(こい) 【あざな】 伯虎(はくこ)

【原籍】 楚国(そこく)寿春県(じゅしゅんけん)

【生没】 ?~280年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・胡質伝(こしつでん)』に付された「胡威伝」あり。

父子ともに清廉さをたたえられる

父は胡質だが、母は不詳。胡羆(こひ)は弟。息子の胡奕(こえき)は跡継ぎ。

250年、胡威は胡質が死去したためその跡を継ぎ、「陽陵亭侯(ようりょうていこう)」に封ぜられた。曹奐(そうかん)の咸熙(かんき)年間(264~265年)に「徐州刺史(じょしゅうのしし)」に昇進。特別の治績を上げ3郡の「太守(たいしゅ)」を歴任した。

そしてそれぞれの任地で高い評判を得、(280年に)安定(あんてい)にいたとき亡くなったという。「鎮東将軍(ちんとうしょうぐん)」の官位を追贈され、息子の胡奕が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く孫盛(そんせい)の『晋陽秋(しんようしゅう)』に以下のような話がありました。

父の胡質が「荊州刺史(けいしゅうのしし)」になると、胡威は都から荊州へと向かいます。家が貧しかったので車馬や従僕はなく、驢馬(ロバ)でのひとり旅だったそう。

こうして父に会った後、厩舎(きゅうしゃ)に10日余り泊めてもらい、帰京のあいさつをします。別れに臨み、胡質が1匹の絹を道中の糧(かて)として与えたところ、胡威はひざまずき尋ねました。

「父上は清廉であられるのに、この絹をどこから手に入れられたのでしょうか?」

胡質から俸禄の余りだと言われたので、胡威も受け取って帰途に就きます。道中の宿では、いつも胡威は自分で驢馬を外し、薪(たきぎ)を採ってきて飯を炊いたという。

胡質の配下で「都督(ととく)」を務める男がおり、胡威と面識はなかったものの、休暇をもらいひそかに旅の支度を整えます。

彼は100里(り)ほど離れた所で胡威を出迎え、そのまま道連れになりました。事あるごとに胡威を助け、まれに飲食を勧めることさえあったのだとか。

こうして数百里を旅した後、胡威は不審に思い、うまく問いかけて彼の正体を知ります。そこで、父にもらった絹を謝礼として渡し帰らせました。

その後、父に別の手紙を出したついでに都督のことも伝えます。すると胡質は都督を100回の杖打ちに処したうえ、官吏の名簿から除いてしまったのでした。

この話は彼ら父子の清廉さや慎重さを示すものとして、いいエピソードという扱いでしたが、個人的には都督が気の毒に思えます。辞職後のフォローなどはなかったのでしょうか?

『晋陽秋』には胡威と晋(しん)の司馬炎(しばえん)とのやり取りもあり、官位は「前将軍(ぜんしょうぐん)・青州刺史(せいしゅうのしし)」まで昇ったと書かれていました。ちなみに胡威が亡くなった280年は、晋の「太康(たいこう)元年」にあたります。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】