唐固(とうこ)

【この記事をシェアする】

【姓名】 唐固(とうこ) 【あざな】 子正(しせい)

【原籍】 丹楊郡(たんようぐん)

【生没】 ?~225年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・闞沢伝(かんたくでん)』に付された「唐固伝」あり。

闞沢の先輩にあたる学者

父母ともに不詳。

唐固はわが身を修めて学問を積み、優れた儒者としてたたえられた。『国語(こくご)』『公羊伝(くようでん)』『穀梁伝(こくりょうでん)』についての注釈書を著し、彼の教えを受けようとする学生が常に数十人もいたという。

221年、孫権(そんけん)が魏(ぎ)の曹丕(そうひ)から「呉王」に封ぜられると、唐固は「議郎(ぎろう)」となり、陸遜(りくそん)・張温(ちょうおん)・駱統(らくとう)らから丁重な扱いを受ける。

225年、唐固は「尚書僕射(しょうしょぼくや)」となったもののほどなく死去した。このとき70余歳だったという。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいうえ、具体的な事績についての記事もほとんどなく、どのような人物だったのかはよくわかりませんでした。

唐固は「闞沢の先輩」という形で採り上げられていましたが、ふたりの関わりをうかがわせるエピソードなどは特に見当たらないようです。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】