闞沢(かんたく)

【姓名】 闞沢(かんたく) 【あざな】 徳潤(とくじゅん)

【原籍】 会稽郡(かいけいぐん)山陰県(さんいんけん)

【生没】 ?~243年(?歳)

【吉川】 第135話で初登場。
【演義】 第038回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・闞沢伝』あり。

農家の出身ながら封侯まで昇った学者

父母ともに不詳。

闞沢は代々の農家に生まれたものの学問を好み、紙筆の代金を稼ぐため筆耕を引き受けたりもしたが、預かった書物を写し終えるころには暗唱できるようになっていた。

そのうち師となる人物を捜し求めて自分の考えを説いて回り、多くの書物を通覧する。暦の計算に精通していたこともあり、彼の名は人々に知られるようになった。

やがて孝廉(こうれん)に推挙され「銭唐県長(せんとうけんのちょう)」となり、のち「郴県令(ちんけんのれい)」に昇進。

219年、孫権(そんけん)が「驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)」になると、闞沢は招かれて「西曹掾(せいそうのえん)」を務める。

229年、孫権が帝位に即くと闞沢は「尚書(しょうしょ)」となり、嘉禾(かか)年間(232~238年)には「中書令(ちゅうしょれい)・侍中(じちゅう)」を務めた。

242年、闞沢は皇太子(こうたいし)の孫和(そんか)の「太子太傅(たいしたいふ)」に任ぜられ、これまで通り「中書令」も兼ねる。

闞沢は、経書や解釈書の文章が煩多であり、そのまま用いるのは難しいと考えていた。そこで諸家の説を比較したうえ礼における経文と注釈を簡略化し、それを孫和と魯王(ろおう)の孫霸(そんは)に教授した。さらにふたりのため、外出時や賓客との接見時の作法も定めた。

また『乾象暦注(けんしょうれきちゅう)』を著し、季節や日付が暦と合うようにした。

朝廷で重要なことが議論されたり経典(けいてん)に関する疑義が生じたときは、いつも闞沢の意見が求められる。彼は儒学に励んで功労があったため「都郷侯(ときょうこう)」に封ぜられた。

翌243年、闞沢が死去すると孫権は痛惜し、数日の間は食事を取らなかったという。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、闞沢の人柄は謙虚かつ実直で、下級官吏を呼んで質問する際にも対等の礼を執ったそうです。そして、他人の欠点を決して口にすることがなかったのだとか……。こういう態度で何事にも臨んでいたのなら、確かに彼と敵対する人は少なかったでしょうね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】