袁氏(えんし)A ※孫権(そんけん)の妻

【姓名】 袁氏(えんし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 汝南郡(じょなんぐん)汝陽県(じょようけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

呉(ご)の孫権(そんけん)の側室、袁夫人(えんふじん)

父は袁術(えんじゅつ)だが、母は不詳。袁燿(えんよう)は兄弟。

199年に袁術が亡くなると、袁氏は母や兄弟たちとともに廬江太守(ろこうたいしゅ)の劉勲(りゅうくん。袁術の臣下だったことがある)のもとへ身を寄せた。

ほどなく孫策(そんさく)が劉勲を討ち破ると、今度は孫策のもとで世話になり、その後、孫権の後宮へ入ることになった。孫権に寵愛されたものの子は生まれず、やがて潘氏(はんし)の讒言(ざんげん)を受けて死に追いやられた。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫権潘夫人伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く張勃(ちょうぼつ)の『呉録(ごろく)』によると、「袁氏は行いの正しい女性だったが、子はできなかった。孫権は、側室に生まれた子を何度か袁氏に預け養育させたが、いつも育たなかった」ということです。

また、238年に歩氏(ほし)が亡くなると、孫権は袁氏を皇后(こうごう)に立てようとしましたが、彼女は子がないことを理由に辞退したのだとか。袁術は皇帝(こうてい)を僭称(せんしょう)したほどの野心家でしたが、娘の袁氏はよくできた女性だったらしい。

さらに『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・袁術伝)によると、「兄弟の袁燿も孫権から郎中(ろうちゅう)に任ぜられ、その娘(袁氏の姪)は孫権の息子の孫奮(そんふん)に嫁いだ」といいます。孫策や孫権は、袁術の死後もその息子や娘を礼遇していたということですね。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました