孫瑾(そんきん)A ※孫晧(そんこう)の息子

【姓名】 孫瑾(そんきん) 【あざな】 ?

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク

呉(ご)の孫晧(そんこう)の息子

父は孫晧だが、母は不詳。名がわからないものの、10人以上の弟がいたことがうかがえる。

孫瑾は269年1月に皇太子(こうたいし)に立てられた。

その後、280年に呉が晋(しん)により滅ぼされると、孫晧らとともに洛陽(らくよう)へ移住。司馬炎(しばえん)から中郎(ちゅうろう)に任ぜられた。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・薛綜伝〈せつそうでん〉)に付された「薛瑩伝(せつえいでん)」によると、薛瑩は孫休(そんきゅう)の時代(258~264年)に散騎中常侍(さんきちゅうじょうじ)を務めていましたが、病のため辞職したそうです。

264年に孫晧が帝位に即くと、薛瑩は再び出仕して左執法(さしっぽう)に任ぜられ、やがて選曹尚書(せんそうしょうしょ)に昇進します。そして269年に孫瑾が皇太子に立てられると、薛瑩が太子少傅(たいししょうふ)を兼ねたということでした。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました