劉放(りゅうほう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 劉放(りゅうほう) 【あざな】 子棄(しき)

【原籍】 涿郡(たくぐん)方城県(ほうじょうけん)

【生没】 ?~250年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第106回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・劉放伝』あり。

孫資(そんし)とともに魏滅亡の一因を作る。方城敬侯(ほうじょうのけいこう)

父母ともに不詳。息子の劉正(りゅうせい)は跡継ぎで、劉許(りゅうきょ)と劉熙(りゅうき)も同じく息子。このほかにも息子がいたことがうかがえる。

劉放は、前漢(ぜんかん)の広陽順王(こうようのじゅんおう。不詳)の息子である、西郷侯(せいきょうこう)の劉宏(りゅうこう。不詳)の後裔(こうえい)にあたるという。

涿郡の「綱紀(こうき)」を務めたあと孝廉(こうれん)に推挙されたものの、このころは大乱の時代であり、漁陽(ぎょよう)の王松(おうしょう)のもとに身を寄せる。

204年、曹操(そうそう)が冀州(きしゅう)を平定すると劉放は王松に進言し、いち早く曹操に従うよう勧めた。

翌205年、曹操が南皮(なんぴ)で袁譚(えんたん)を征討したとき、文書をもって王松を招く。

王松は自身の勢力下にあった雍奴(ようど)・泉州(せんしゅう)・安次(あんじ)の3県を挙げて帰属。その際、劉放が王松のために曹操への返書をしたためたが、これは非常に流麗な文面だった。曹操は感心し、劉放が王松に帰属の件を進言した話も聞いたので、劉放についても招聘(しょうへい)した。

この年、劉放は王松とともに許(きょ)に到着。「参司空軍事(さんしくうぐんじ)」に任ぜられ、「主簿(しゅぼ)」や「記室(きしつ)」を経て地方へ出る。

曹操が「司空」を務めていた期間は196~208年。

その後、「郃陽県令(こうようけんのれい)」「祋ウ県令(たいうけんのれい)」「賛県令(さんけんのれい)」を歴任した。

213年、魏が建国された後、太原(たいげん)の孫資とともに「秘書郎(ひしょろう)」に任ぜられる。

220年、曹丕(そうひ)が帝位に即くと、劉放は「尚書左丞(しょうしょさじょう)」に、孫資は「尚書右丞(しょうしょゆうじょう)」に、それぞれ転ずる。それから数か月して劉放は「県令」に移った。

翌221年、「秘書省」が改められて「中書省(ちゅうしょしょう)」となり、劉放が「中書監(ちゅうしょかん)」に、孫資が「中書令(ちゅうしょれい)」に、それぞれ任ぜられた。ふたりには「給事中(きゅうじちゅう)」の官位も加えられた。

劉放は「関内侯(かんだいこう)」に、孫資は「関中侯(かんちゅうこう)」に、それぞれ封ぜられ、政治の機密を掌握することとなる。

翌222年、劉放は「魏寿亭侯(ぎじゅていこう)」に、孫資は「関内侯」に、それぞれ爵位が進む。

226年、曹叡(そうえい)が帝位を継ぐと、ふたりとも寵愛と信任を得て「散騎常侍(さんきじょうじ)」の官位を加えられる。さらに劉放は「西郷侯」に、孫資は「楽陽亭侯(らくようていこう)」に、それぞれ爵位が進む。

232年、孫権(そんけん)が将軍(しょうぐん)の周賀(しゅうが)らを遣わし、海路で遼東(りょうとう)に向かわせる。これは遼東太守(りょうとうたいしゅ)の公孫淵(こうそんえん)を味方に引き入れるための動きだった。

曹叡は迎撃したいと考えたが、朝議では多くの者が無理だと述べる。だが孫資だけは賛成し、結果的に殄夷将軍(てんいしょうぐん)の田豫(でんよ)が周賀を討ち取った。そのため孫資は「左郷侯(さきょうこう)」に爵位が進む。

劉放は文章を書くのが得意で、三祖(曹操・曹丕・曹叡)が詔(みことのり)などを下し、降伏を呼びかけたりする際には彼が起草することが多かったという。

翌233年、劉放と孫資とも「侍中(じちゅう)・光禄大夫(こうろくたいふ)」に昇進。

翌234年、孫権と蜀(しょく)の諸葛亮(しょかつりょう)が示し合わせ、魏を攻める。このとき国境にあった魏の物見が、孫権から諸葛亮に宛てた書簡を手に入れた。

そこで劉放は書かれていた文章をうまくつなぎ合わせ、宛て先も魏の征東将軍(せいとうしょうぐん)の満寵(まんちょう)に変える。こうして孫権が魏に降ろうと考えているように見せかけ、これを封緘(ふうかん)し、偽の使者を遣って諸葛亮に届けさせた。

諸葛亮は早馬を遣り、呉(ご)の西陵督(せいりょうとく)の歩騭(ほしつ)に書簡を渡す。歩騭からこのことを聞かされた孫権は、諸葛亮が疑念を持つことを心配し、自ら丁寧に説明したという。

238年9月、太尉(たいい)の司馬懿(しばい)によって遼東が平定されると、この計画に加わった功により、劉放は「方城侯」に、孫資は「中都侯(ちゅうとこう)」に、それぞれ爵位が進む。

劉放は涿郡方城県、孫資は太原郡中都県の出身である。

同年12月、曹叡が病に伏すと、劉放と孫資は曹爽(そうそう)を称賛し、彼と司馬懿に後事を託すよう勧めた。

翌239年、曹芳(そうほう)が帝位を継ぐと、劉放と孫資は重要な決定に参画していたことからそれぞれ300戸を加増される。以前と合わせ、劉放の封邑(ほうゆう)は1100戸となり、孫資は1千戸となった。

劉放の息子ひとりが「亭侯」に封ぜられ、次子は「騎都尉(きとい)」となり、ほかの息子たちもみな「郎中(ろうちゅう)」となった。

翌240年、改めて劉放は「左光禄大夫(さこうろくたいふ)」に、孫資は「右光禄大夫(ゆうこうろくたいふ)」に、それぞれ任ぜられる。ふたりには金印と紫綬(しじゅ)が授けられたうえ「儀同三司(ぎどうさんし。三公待遇)」とされた。

245年、劉放は「驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)」に、孫資は「衛将軍(えいしょうぐん)」に、それぞれ転じたものの、引き続き「中書監(劉放)」と「中書令(孫資)」を兼ねた。

翌246年、再び劉放の息子ひとりが「亭侯」に封ぜられる。

248年、劉放と孫資は老年のため退官したが、「列侯(れっこう)」として毎月1日と15日に参内することが許され、「特進(とくしん。三公に次ぐ待遇)」を授けられた。

翌249年、太傅(たいふ)の司馬懿のクーデターによって曹爽らが処刑されると、孫資は「侍中・中書令」として復帰。

翌250年、劉放が死去。「敬侯」と諡(おくりな)され息子の劉正が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

この劉放の伝については冒頭からつまずきがありました。「漢の広陽順王」って誰? その息子の「西郷侯の劉宏」って誰? という疑問です。

『漢書(かんじょ)』(王子侯表〈おうじこうひょう〉)によると、「広陽頃王(こうようのけいおう。劉建〈りゅうけん〉)」の息子に「西郷頃侯(せいきょうのけいこう。劉容〈りゅうよう〉)」という人物がいましたが、これがふたり(広陽順王とその息子で西郷侯の劉宏)のことなのか、まったく関係がないのかイマイチはっきりしません。

ただ、広陽頃王の跡を継いだ「広陽穆王(こうようのぼくおう。劉舜〈りゅうしゅん〉)」の息子に「方城侯の劉宣(りゅうせん)」という人物もいますので、やはり、劉放は広陽王家の末裔なのですよと言いたいのかなと……。

なお、劉放の事績は孫資とセットになっているものが多く、両者の記事を無理に分けませんでした。この記事にやたら孫資が登場するのもそのためです。

初め曹叡は、燕王(えんおう)の曹宇(そうう)を「大将軍(だいしょうぐん)」に据えたうえ、領軍将軍(りょうぐんしょうぐん)の夏侯献(かこうけん)、武衛将軍(ぶえいしょうぐん)の曹爽、屯騎校尉(とんきこうい)の曹肇(そうちょう)、驍騎校尉(ぎょうきこうい)の秦朗(しんろう)に政治を補佐させようとしていたという。

ところが、彼が信任する劉放や孫資の働きかけもあり、最終的には曹爽と司馬懿に後事を託す形になりました。このとき曹宇らが仕切ることで決着したとしても、司馬懿の台頭は抑えられなかったのでしょうけど、劉放と孫資は魏が滅亡へ向かう一因を作ったとは言えそうです。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】