蔣済(しょうせい)

【姓名】 蔣済(しょうせい) 【あざな】 子通(しとう)

【原籍】 楚国(そこく)平阿県(へいあけん)

【生没】 ?~249年(?歳)

【吉川】 第231話で初登場。
【演義】 第075回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・蔣済伝』あり。

文武の才を兼ね備えた直諫の士

父母ともに不詳。息子の蔣秀(しょうしゅう)は跡継ぎで、ほかにも息子がいたことがうかがえる。

蔣済は出仕して、九江郡(きゅうこうぐん)の「計吏(けいり)」や「丹楊太守(たんようのたいしゅ)」、揚州(ようしゅう)の「別駕(べつが)」を務めた。

208年、孫権(そんけん)が合肥(ごうひ)を包囲した際、曹操(そうそう)の大軍は荊州(けいしゅう)の劉備(りゅうび)を討伐中で疫病の流行に苦しんでいた。

このため曹操は張喜(ちょうき。張憙)に1千騎をひきいさせ、通過する汝南(じょなん)の兵も加えて合肥の包囲を解かせようとしたが、これらの兵の多くも病にかかる。

そこで蔣済は一計を案じ、歩騎4万が雩婁(うろう)に到着したとする張喜の手紙が届いたと偽り、主簿(しゅぼ)を遣って張喜を出迎えさせるようにと、内密に揚州刺史(ようしゅうしし)の温恢(おんかい)へ書き送った。

蔣済の手紙は3組の使者によって城内の守備隊長に届けられることになったが、ひと組だけ城へ入ることができ、後のふた組は孫権軍に捕らえられてしまう。孫権は手紙を読んで敵の援軍が着いたと思い込み、急に包囲の軍営を焼き払って撤退。おかげで合肥は無事に済んだ。

翌209年、蔣済が使者として譙(しょう)へ赴いた際、曹操は淮南(わいなん)の民を移住させたいと言い、彼の意見を求める。

蔣済は「民は郷里を懐かしむものですから、移住を喜びません」と反対したが、曹操は聞き入れなかった。その結果、長江(ちょうこう)や淮水(わいすい)流域に住む10余万の人々は、みなあわてて呉(ご)へ逃げ込んだ。

のち蔣済が使者として鄴(ぎょう)へ赴いた際、曹操は出迎えたうえ、彼に会うと大笑いして言った。

「移住の件は賊(孫権)を避けさせようと考えたものだったが、かえって向こうへ駆り立ててしまったな」

その後、蔣済が謀反を企んだ首謀者だと誣告(ぶこく)する民が出る。しかし曹操は、きっと蔣済は巻き添えになっただけだと言い、裁判の担当官吏を急き立てて釈放させた。

蔣済は「丞相主簿(じょうしょうしゅぼ)・西曹属(せいそうぞく)」に任ぜられる。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

219年、劉備配下の関羽(かんう)が樊(はん)と襄陽(じょうよう)を包囲した際、曹操は献帝(けんてい)を置いている許(きょ)と近かったことから遷都を考えた。

蔣済は司馬懿(しばい)とともに、孫権へ使いを遣り関羽の背後を襲うよう勧めたうえ、長江以南の地を割いて君主に取り立ててやるのがよいと進言。

曹操が進言を容れたところ、このことを聞いた孫権は軍勢をひきいて西へ向かい、公安(こうあん)や江陵(こうりょう)を攻めて関羽を捕らえた。

翌220年2月、曹丕(そうひ)が「魏王(ぎおう)」を継ぐと、蔣済は「相国長史(しょうこくちょうし)」に転ずる。

同年10月、曹丕が帝位に即くと、蔣済は地方へ出て「東中郎将(とうちゅうろうしょう)」となった。やがて「万機論(ばんきろん。政治についての議論)」を献じ曹丕の称賛を得ると、「散騎常侍(さんきじょうじ)」として中央へ戻る。

このころ曹丕は征南将軍(せいなんしょうぐん)の夏侯尚(かこうしょう)に詔(みことのり)を下し、部下に対する賞罰を決める権限を与えていた。

夏侯尚に詔を見せられた蔣済は、曹丕から天下の風俗や教化の現状について問われた際、こう答える。

「ほかに善いことはなく、ただ亡国の言葉があるだけでございます」

怒った曹丕が理由を問いただすと、蔣済は『尚書(しょうしょ)』を引き、賞罰は天子(てんし)の権限に属すもので、人臣には許されないものだと諫めた。これを聞くと曹丕の気持ちもほぐれ、夏侯尚に下した詔を取り消した。

222年、曹丕が大司馬(だいしば)の曹仁(そうじん)らに孫権の討伐を命ずる。蔣済も別軍として羨谿(せんけい。羨渓)を攻めた。

翌223年3月、蔣済は、濡須(じゅしゅ)の中州へ兵を入れるという曹仁を諫めたが聞かれず。曹仁は退却に追い込まれ、この月のうちに死去。蔣済は再び「東中郎将」に任ぜられ、曹仁に代わって兵を指揮した。しばらくして中央へ召し還され「尚書」に任ぜられる。

225年、曹丕が広陵(こうりょう)に行幸した際、蔣済は水路の通行が困難であると上奏し、「三州論(さんしゅうろん)」を献じて諫めたものの聞かれず。その結果、数千隻(せき)の軍船が渋滞して進めなくなる。

このとき兵を留め置き、屯田をしたいと言う者がいた。すると蔣済は、東方は湖水に近く、北方も淮水に面していると指摘。水勢が盛んな時期には賊が侵入しやすく、落ち着いて屯田に取り組むことはできないと主張する。

曹丕は彼の意見に従い、ただちに出発。精湖(せいこ)まで戻ると水も次第に少なくなってきたので、蔣済にすべての軍船を預けた。

蔣済は改めて4、5本の水路を作らせ、数百里(り)に点在していた軍船を集める。そして、あらかじめ堤を築いて湖水をせき止めておき、この堰(せき)を一度に開くことで、つないだ軍船を淮水へと入れた。

曹丕は洛陽(らくよう)へ帰った後、蔣済に言った。

「事情を理解していないのがいけなかった。朕(ちん)は山陽湖(さんようこ)で軍船の半数を焼き捨てる決心をしたが、卿(きみ)は残ってそれらの軍船を送り出し、ほぼ朕と同時に譙へ着いた。卿の上言を聞くたび、朕の心に確かに染み入ってくる。今後は討賊の計画についても、よく考えたうえ意見を聴かせてもらいたい」

翌226年、曹叡(そうえい)が帝位を継ぐと、蔣済は「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられる。のち「中護軍(ちゅうごぐん)」に昇進。

このころ中書監(ちゅうしょかん)の劉放(りゅうほう)と中書令(ちゅうしょれい)の孫資(そんし)が専権の任にあると言われ、権力を握っていた。

蔣済は上奏し、いま外の話題ではいつも中書省のふたりの名が出るとして、公正な聴聞や観察をなさり、もし道理に合致しない政治を行い、使用に堪えない者がおれば、それを改められますようにと述べた。

曹叡は詔を下してたたえる。

「鯁骨(こうこつ。権力に対して自分の態度を変えない様子。硬骨)の臣は君主が頼りとする者である。蔣済は文武の才を兼ね備え、忠節を尽くし職務に励んでいる。また、国や軍に大事があるたび、いつも上奏して忠言を述べてくれ、朕は立派だと思う」

さらに蔣済を「護軍将軍(ごぐんしょうぐん)」に昇進させ「散騎常侍」の官位を加えた。

景初(けいしょ)年間(237~239年)になると、外は征伐に明け暮れ、内は宮殿造営に国力を費やしたため、連れ合いを亡くす男女が多く、穀物もよく実らなかった。

蔣済は上奏し、いま急務とすることは民を使役しすぎて疲弊させないことだと述べる。また、歓楽にふければ心身に害があるとして、後宮に置く女官を厳選するよう勧めた。

曹叡は詔を下し、「護軍(蔣済)がいなければ、朕はこのような言葉を聴けないことだろう」と評した。

239年、曹芳(そうほう)が帝位を継ぐと、蔣済は「領軍将軍(りょうぐんしょうぐん)」に転じ「昌陵亭侯(しょうりょうていこう)」に爵位が進む。

242年、「太尉(たいい)」に昇進。

249年1月、太傅(たいふ)の司馬懿がクーデターを起こすと、ともに洛水(らくすい)の浮橋に駐留し曹爽(そうそう)らを誅滅。蔣済は「都郷侯(ときょうこう)」に爵位が進み、封邑(ほうゆう)は700戸となる。この際、自分には功がないとして恩賞を固辞したものの、曹芳は許可しなかった。

同年4月、蔣済が死去すると「景侯(けいこう)」と諡(おくりな)され、息子の蔣秀が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く郭頒(かくはん)の『世語(せいご。魏晋世語〈ぎしんせいご〉)』には以下のようにあります。

蔣済は司馬懿とともに洛水の浮橋に駐留したとき、曹爽へ手紙を送り、「ただ免職にするだけだ」という司馬懿の考えを伝えた。ところが、曹爽は三族(父母・妻子・兄弟姉妹、異説もある)を誅滅されてしまったため、蔣済は信義にもとることをしたと気に病み亡くなった。

なお、208年の「赤壁(せきへき)の戦い」の前後については、官職の変遷がつかみにくい記事もありました。

魏の4代(曹操・曹丕・曹叡・曹芳)に仕えた蔣済でしたが、言いにくそうなことを一貫して進言する態度は見事なもの。しかもそれが的を射ていたので、主君から遠ざけられることがなかったのでしょうね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】