杜襲(としゅう)

【姓名】 杜襲(としゅう) 【あざな】 子緒(ししょ)

【原籍】 潁川郡(えいせんぐん)定陵県(ていりょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第206話で初登場。
【演義】 第066回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・杜襲伝』あり。

駿馬(しゅんめ)はここにいるぞ

父母ともに不詳。杜基(とき)は兄。息子の杜会(とかい)は跡継ぎ。曾祖父の杜安(とあん)と祖父の杜根(とこん)は前代で名声があった。

杜襲は動乱を避け、同郡の趙儼(ちょうげん)や繁欽(はんきん)とともに荊州(けいしゅう)へ赴き、劉表(りゅうひょう)から賓客の礼をもって厚遇される。

繁欽は劉表に特に目をかけられていたが、杜襲は言った。

「私がきみと一緒に(荊州へ)来たのは、奥深い藪(やぶ)に龍(りゅう)のごとくジッとわだかまり、時節を待ち鳳凰(ほうおう)のごとく飛翔(ひしょう)したいからだ」

「なのにきみは劉牧(りゅうぼく。荊州牧〈けいしゅうぼく〉の劉表)が動乱を収める君主に違いないと決め込み、長者(ちょうしゃ。徳のある人)として身を委ねるつもりなのか?」

「きみがこれ以上の能力を(劉表に)示し続けるなら、もう私の仲間ではない。まずきみと絶交する」

これを聞くと、繁欽は悲痛な様子で応えた。

「謹んでおっしゃる通りにいたします」

こうして杜襲らは、さらに南方の長沙(ちょうさ)に移った。

196年、曹操(そうそう)が天子(てんし。献帝〈けんてい〉)を迎え許(きょ)に都を置くと、杜襲は郷里に戻り「西鄂県長(せいがくけんのちょう)」に任ぜられる。

この県は国境に接しており、賊が思いのままに侵入して荒らし回った。当時の県長は住民を引き入れ城に立てこもったので、農業ができなくなり、田野は荒廃して民が苦しみ、倉庫も空っぽだった。

杜襲は恩愛をもって住民と団結し、老人や若者を分散させて畑仕事に就かせ、強壮な者を留め置き城を守らせる。こうしたやり方は官民を大いに喜ばせた。

201年、荊州の劉表配下の歩騎1万が西鄂に攻め寄せると、杜襲は守備に堪えられる官民50余人を召集。彼らと誓約を交わし、城外の親戚を守りたい者には自由に外へ出ることを許す。だが、みな叩頭(こうとう)し死力を尽くしたいと望んだ。

そこで杜襲も矢や石を手に、彼らを指揮して力を合わせる。この様子に官民は感激し、よく命令に従ったという。

敵陣にぶつかり数百の首を斬ったものの、杜襲の配下は30余人が死に、ほかの18人も負傷。ついに賊軍が城内まで入ってくる。杜襲は官民をひきいて賊の包囲を突破し、何とか脱出。そのほとんどが戦死してしまったが、裏切る者はいなかった。

やがて、散りぢりになっている民を集め摩陂営(まひえい)にたどり着く。官民が彼を慕い後を追うこと、まるで家に帰るようだったという。

司隷校尉(しれいこうい)の鍾繇(しょうよう)が、杜襲を「議郎(ぎろう)・参軍事(さんぐんじ)」に任ずるよう上奏し、荀イク(じゅんいく)も同様に推薦する。これを受け、曹操は杜襲を「丞相軍祭酒(じょうしょうぐんさいしゅ)」に任じた。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

213年、魏が建国された後、杜襲は王粲(おうさん)・衛覬(えいき)・和洽(かこう)とともに「侍中(じちゅう)」になる。

王粲は記憶力が良いうえ見聞も広く、曹操の車に同乗して出かけることが多かった。それでも曹操の尊敬を受けたことでは、杜襲や和洽に及ばなかったという。

215年、曹操が漢中(かんちゅう)の張魯(ちょうろ)討伐に赴いたとき、杜襲は「丞相長史(じょうしょうちょうし)」として従軍。張魯を降した後、曹操は帰還にあたり、杜襲を「駙馬都尉(ふばとい)」に任じて留め置き、漢中の軍事を監督させる。

杜襲が民を安んじて教え導くと、自分から故郷を離れ、洛陽(らくよう)や鄴(ぎょう)へ移住する者が8万余人も出た。

219年1月、夏侯淵(かこうえん)が劉備軍(りゅうびぐん)との戦いで討ち死にすると、魏軍は総指揮官を失ったことで動揺した。杜襲は張郃(ちょうこう)や郭淮(かくわい)と協力し軍の事務を取り仕切る一方、非常の措置として張郃を「都督(ととく)」に推し立て、みなの心をまとめる。

同年5月、長安(ちょうあん)にあった曹操は凱旋(がいせん)にあたり、「留府長史(りゅうふちょうし)」を選んで長安を鎮守させようと考えた。ところが、担当官吏の推薦する人物のほとんどは適当でないと思える。

そこで曹操は令を下して述べた。

「駿馬を放ったまま乗ろうとせず、なぜよそを探そうとするのか?」

こうして杜襲を「留府長史」に起用した。

当時、夏侯尚(かこうしょう。夏侯淵の従子〈おい〉)が王太子(おうたいし。217~220年)の曹丕(そうひ)に近づき、ふたりはとても親密だった。

杜襲は、夏侯尚が曹丕にとって有益な友ではないので、特別な待遇は不要と考え、そのことを曹操に上言する。これを聞いた曹丕は初めひどく不愉快に思ったが、後になり彼の言葉を思い出すことになった。

翌220年2月、曹丕が「魏王(ぎおう)」を継ぐと、杜襲は「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられる。

同年10月、曹丕が帝位に即くと「督軍糧御史(とくぐんりょうぎょし)」となり、「武平亭侯(ぶへいていこう)」に爵位が進む。

のち改めて「督軍糧執法(とくぐんりょうしっぽう。出征時に置かれた官名)」を務め、中央へ入って「尚書(しょうしょ)」となった。

226年、曹叡(そうえい)が帝位を継ぐと、杜襲は「平陽郷侯(へいようきょうこう)」に爵位が進む。

228年、蜀(しょく)の諸葛亮(しょかつりょう)が秦川(しんせん)へ侵攻。大将軍(だいしょうぐん)の曹真(そうしん)が諸軍をひきいて防ぐことになり、杜襲も「大将軍軍師(だいしょうぐんぐんし)」を務める。この際、彼の封邑(ほうゆう)から100戸を分割し、兄の杜基が「関内侯」に封ぜられた。

231年、曹真が死去すると司馬懿(しばい)がこれに代わる。杜襲は再び「大将軍軍師」となり、300戸の加増を受け、以前と合わせて封邑は550戸となった。

のち病気のため召し還され「太中大夫(たいちゅうたいふ)」に任ぜられる。

やがて杜襲が死去(時期は不明)すると「少府(しょうふ)」の官位を追贈され、「定侯(ていこう)」と諡(おくりな)された。息子の杜会が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、あるとき杜襲がひとりで曹操に目通りする機会があり、夜半まで過ごしたそうです。競争心の強い王粲は落ち着かず、立ったり座ったりを繰り返しながら言いました。

「いったい公(曹操)は、杜襲と何を話しておられるのだろう?」

すると、和洽がニヤニヤしながら言います。

「天下のことは切りがないもの。あなたは昼に近侍なさればよい。それなのにここでイライラしておられるのは、もしや夜も近侍なさるおつもりかな?」

この話を「王粲伝」ではなく「杜襲伝」に載せるところがミソなのでしょうね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】