趙儼(ちょうげん)

【姓名】 趙儼(ちょうげん) 【あざな】 伯然(はくぜん)

【原籍】 潁川郡(えいせんぐん)陽翟県(ようたくけん)

【生没】 171~245年(75歳)

【吉川】 第206話で初登場。
【演義】 第066回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・趙儼伝』あり。

卓越した調整能力をもって、うまく名将らをまとめる

父母ともに不詳。息子の趙亭(ちょうてい)は跡継ぎ。

趙儼は動乱を避け、同郡の杜襲(としゅう)や繁欽(はんきん)とともに荊州(けいしゅう)へ赴き、ひとつの家で一緒に暮らす。のち趙儼らは、さらに南方の長沙(ちょうさ)へ移る。

196年、曹操(そうそう)が天子(てんし。献帝〈けんてい〉)を迎え許(きょ)に都を置くと、趙儼は繁欽に言った。

「曹鎮東将軍(そうちんとうしょうぐん。曹操)は時運に応じ、一世に名を上げられたからには、よく華夏(かか。中国)を正してお救いになるに違いない。私は誰に帰服すればよいのかわかったぞ」

翌197年、趙儼が老若の者を助けながら許に着くと、曹操は彼を「朗陵県長(ろうりょうけんのちょう)」に取り立てる。

この県には勢力を笠に着る者が多くいて、思いのまま振る舞っていた。趙儼は最もひどい者を逮捕して取り調べ、死罪に該当すると判断し投獄した後、陽安郡(ようあんぐん)の役所へ上申したうえで釈放。以後、彼の権威や恩愛が明らかとなる。

このころ袁紹(えんしょう)が軍勢をひきいて南方へ侵入し、使者を遣り豫州(よしゅう)の諸郡を味方に付けようと誘う。多くは誘いを受け入れたが、陽安郡だけは動揺しなかった。

陽安都尉(ようあんとい)の李通(りとう)は急いで戸調(こちょう。家ごとに割り当てられた税)を取り立て、集めた綿や絹を許に送って忠心を示そうとする。

趙儼は李通を説き、近隣の諸郡が背く中で味方として懐いているわが郡の民から、さらに綿や絹を取り立てるべきではないと述べたうえ、荀イク(じゅんいく)に文書を送り、郡民が二心を抱いていないことを説明し、取り立てた綿と絹を民に返したいと願い出た。

そのうち荀イクを通じて曹操の通達が届き、綿と絹を民に返すことが認められる。みな歓喜し郡内も安定した。

のち趙儼は中央へ入り「司空掾属主簿(しくうえんぞくしゅぼ)」となる。

曹操が「司空」を務めていた期間は196~208年。

当時、于禁(うきん)が潁陰(えいいん)に、楽進(がくしん)が陽翟に、張遼(ちょうりょう)が長社(ちょうしゃ)に、それぞれ駐屯しており、気力任せの勝手な振る舞いが多く、互いに協調しようとしなかった。

そこで趙儼がこれら3つの軍の「参軍(さんぐん)」を同時に兼ねることになり、事あるごとに教え諭す。その結果、3人は親しく付き合うようになったという。

208年、曹操が荊州討伐に乗り出すと、趙儼は「章陵太守(しょうりょうのたいしゅ)」を兼任し、「都督護軍(ととくごぐん)」として于禁・張遼・張郃(ちょうこう)・朱霊(しゅれい)・李典(りてん)・路招(ろしょう)・馮楷(ふうかい)の7軍を統括。

のち「丞相主簿(じょうしょうしゅぼ)」を経て「扶風太守(ふふうのたいしゅ)」に昇進した。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

211年、曹操は渭南(いなん)で韓遂(かんすい)と馬超(ばちょう)の軍を大破する。彼らの配下にいて捕虜となった5千の兵については、平難将軍(へいなんしょうぐん)の殷署(いんしょ)らに取り仕切らせた。そして趙儼が「関中護軍(かんちゅうごぐん)」となり、これらの諸軍を統括した。

たびたび羌族(きょうぞく)の来攻による被害が出たため、趙儼は殷署らをひきいて新平(しんぺい)まで追撃し、大いに討ち破る。

また、屯田者として寄留した呂並(りょへい)が「将軍」を自称し、徒党を集め陳倉(ちんそう)に立てこもると、再び趙儼は殷署らをひきいて攻撃し、たちまち賊軍を壊滅させた。

その後、漢中(かんちゅう)の守備を助けるため1200の兵を送れとの命令が届き、これを殷署が指揮して行くことになる。急に家族と離れることになり、兵士はみな憂鬱(ゆううつ)な様子だった。

趙儼は変事が起こるのを心配し、彼らを斜谷口(やこくこう)まで追いかけて激励。殷署にも注意を促した。

こうして引き返した趙儼は、雍州刺史(ようしゅうしし)の張既(ちょうき)の官舎に泊めてもらう。殷署らが40里(り)進むと兵が反乱を起こし、殷署の安否もわからなくなった。

このとき趙儼がひきいていた歩騎150人は、みな反乱を起こした兵と同じ部隊に属しており、姻戚関係のある者もいた。彼らは漢中に向かった兵の反乱を聞くと、驚いて武装を整え、落ち着かない様子を見せる。

このような状況で趙儼が帰途に就こうとしたため、張既らは、本営も騒乱になっているだろうから確かな知らせを待つべきだと主張。しかし趙儼は、速やかに本営の兵を慰撫(いぶ)したほうがよいと判断し出発。

30里進んで休憩し、付き従う者たちに事の成否をよく教え諭す。みな二心を抱かないと言い、覚悟を決めた。さらに進んで諸軍営に着くと、反乱者と手を結んだ800余人を召し出して取り調べ、主導者以外の罪は問わなかった。

219年、樊(はん)にあった征南将軍(せいなんしょうぐん)の曹仁(そうじん)が、劉備(りゅうび)配下の関羽(かんう)に包囲される。

趙儼は「議郎(ぎろう)」のまま曹仁の軍事に参画することになり、南方へ行き平寇将軍(へいこうしょうぐん)の徐晃(じょこう)とともに進軍。樊に到着したものの、ほかの援軍は来ておらず、すでに関羽の包囲陣は完成していた。

徐晃の兵だけでは敵の包囲を解けないのに、味方の諸将は速やかに救援するよう厳しく責め立てる。そこで趙儼が現状を分析してみせ、今は敵の包囲陣に迫り、ひそかに曹仁と連絡を取って外からの救援があることを知らせ、樊城の将兵を奮い立たせるべきだと説く。

やがて北方の援軍も到着したので、協力して関羽軍を退ける。それでもなお関羽の船団が沔水(べんすい)を占拠しており、襄陽(じょうよう)との連絡は断ち切られたままだった。

このとき孫権(そんけん)が関羽の輜重(しちょう)を襲撃して奪ったため、関羽は南へ引き揚げる。

曹仁が諸将を集め軍議を開くと、みな追撃して関羽を捕らえるべきだと述べた。ただ趙儼は、すでに孤立している関羽を、孫権の目の上の瘤(こぶ)として残しておくほうがよいと主張。

曹仁は趙儼の意見を容れて戦闘態勢を解いたが、ほどなく曹操からも、関羽を追撃するなとの急ぎの命令が届いた。

220年、曹丕(そうひ)が「魏王(ぎおう)」を継ぐと趙儼は「侍中(じちゅう)」となる。しばらくして「駙馬都尉(ふばとい)」に任ぜられ、「河東太守(かとうのたいしゅ)」や「典農中郎将(てんのうちゅうろうしょう)」を務めた。

222年、趙儼は「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられる。この年、孫権軍が国境地帯に侵入すると、征東大将軍(せいとうだいしょうぐん)の曹休(そうきゅう)が5州の軍勢をひきいて防いだが、趙儼は召されて「軍師(ぐんし)」を務めた。

孫権軍の撤退後、魏軍も帰還。趙儼は「宜土亭侯(ぎどていこう)」に爵位が進み「度支中郎将(たくしちゅうろうしょう)」に転ずる。のち「尚書(しょうしょ)」に昇進。

224年、曹丕の孫権討伐に付き従い広陵(こうりょう)まで行き、その地にとどまり「征東軍師」を務めた。

226年、曹叡(そうえい)が帝位を継ぐと、趙儼は「都郷侯(ときょうこう)」に爵位が進み封邑(ほうゆう)600戸を賜る。そして「監荊州諸軍事(かんけいしゅうしょぐんじ)・仮節(かせつ)」となったが、この時は病気のため赴任できず、再び「尚書」に任ぜられた。

のち地方へ出て「監豫州諸軍事」となり、「大司馬軍師(だいしばぐんし)」に転じ、中央へ戻って「大司農(だいしのう)」となった。

239年、曹芳(そうほう)が帝位を継ぐと、趙儼は「監雍涼諸軍事(かんようりょうしょぐんじ)・仮節」に任ぜられ「征蜀将軍(せいしょくしょうぐん)」に転ずる。次いで「征西将軍(せいせいしょうぐん)・都督雍涼諸軍事」に移った。

243年、趙儼は老齢と病気を理由に帰還を要請し、召し還されて「驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)」となる。

245年2月、「司空」に昇進。

同年6月、趙儼は75歳で死去。「穆侯(ぼくこう)」と諡(おくりな)され息子の趙亭が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、趙儼は同郡の辛毗(しんぴ)・陳羣(ちんぐん)・杜襲とともに名を知られ、「辛陳杜趙」と称されていました。こうした名声を背景に長く諸将の監督にあたっています。

趙儼自身は戦場に出て敵とやいばを交えることは少なかったのでしょうが、腕自慢の猛将たちの間をうまく調整する能力は、曹操以来ずっと重宝され続けたのですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】