徐幹(じょかん)

【姓名】 徐幹(じょかん) 【あざな】 偉長(いちょう)

【原籍】 北海郡(ほっかいぐん)

【生没】 ?~217年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・王粲伝(おうさんでん)』に付された「徐幹伝」あり。

曹丕(そうひ)に絶賛された文人。「建安七子(けんあんのしちし)」のひとり

父母ともに不詳。

徐幹は「司空軍謀掾属(しくうぐんぼうえんぞく)」を経て「五官将文学(ごかんしょうぶんがく)」となった。

曹操(そうそう)が「司空」を務めていた期間は196~208年。

曹丕が「五官将(五官中郎将〈ごかんちゅうろうしょう〉)」を務めていた期間は211~217年。

曹丕や平原侯(へいげんこう。211~214年)の曹植(そうしょく)が文学を愛好していたため、徐幹も、王粲・陳琳(ちんりん)・阮瑀(げんう。212年没)・応瑒(おうちょう)・劉テイ(りゅうてい。木+貞)らとともに友人として親愛された。

217年、徐幹は疫病の大流行に遭い死去。この年には王粲・陳琳・応瑒・劉テイも相次いで亡くなっている。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『先賢行状(せんけんぎょうじょう)』によると、「徐幹は清潔かつもの静かな人柄で道理を体得しており、(『周礼〈しゅらい〉』に挙げられる)6つの徳行(孝・友・睦・婣〈いん〉・任〈じん。信〉・恤〈じゅつ〉)を備えていた。そして聡明(そうめい)で広い知識を持ち、筆を執るなり文章を作り上げた。また、官職や俸禄を軽んじ、世間の栄誉には執着しなかった」ということです。

「建安年間(196~220年)、曹操は特に旌(はた。賢人を招く際、使者に持たせた旗)をもって任命しようとしたが、病気のため沙汰やみとなった。のち『上艾県長(じょうがいけんのちょう)』に任じようとしたが、またも病気のため就任しなかった」ともありました。

本伝の記事との兼ね合いがわかりにくいのですけど、こうしたやり取りを経て(196~208年の間に)「司空軍謀掾属」に就任したということらしい。

別に『三国志』(魏書・王粲伝)に付された「呉質伝(ごしつでん)」の裴松之注に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』には、曹丕が呉質に送った手紙の中で、徐幹らについて論評している記事がありました。

それによると、「古今の文人たちはおおむね細かい作法を守らず、名誉や節操によって独り立ちできる者は少ない」としたうえ、「ところが偉長(徐幹のあざな)だけは教養と質朴さを備え無欲恬淡(てんたん)。隠棲(いんせい)の志を抱いており、調和の取れた君子と言ってよいだろう。彼は『中論(ちゅうろん)』20余編を著して独自の仕事を成したが、文辞と内容はともに典雅であり、後世に残すに足るものである」と述べています。

この辺りから、何となく徐幹の人柄がうかがえますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】