陳琳(ちんりん)

【姓名】 陳琳(ちんりん) 【あざな】 孔璋(こうしょう)

【原籍】 広陵郡(こうりょうぐん)

【生没】 ?~217年(?歳)

【吉川】 第243話で初登場。
【演義】 第002回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・王粲伝(おうさんでん)』に付された「陳琳伝」あり。

名文は良薬に勝る。「建安七子(けんあんのしちし)」のひとり

父母ともに不詳。

初め陳琳は大将軍(だいしょうぐん)の何進(かしん)の下で「主簿(しゅぼ)」を務めた。

189年、何進は宦官(かんがん)の誅滅を計ったものの、妹の何太后(かたいこう)が許さない。そこで四方の猛将と配下の軍勢を都(洛陽〈らくよう〉)へ召し寄せ、何太后に圧力をかけようとする。陳琳は言葉を尽くして諫めたものの容れられず、何進は動乱のきっかけを作ることになってしまった。

同年8月、何進が中常侍(ちゅうじょうじ)の張譲(ちょうじょう)と段珪(だんけい)らに謀殺されると、陳琳は冀州(きしゅう)に難を避け、袁紹(えんしょう)に仕えて文章をつかさどった。

200年、袁紹が官渡(かんと)で曹操(そうそう)に大敗。

202年、袁紹が死去すると、陳琳はその息子の袁尚(えんしょう)に仕える。

204年、曹操軍に鄴(ぎょう)が包囲されたため、袁尚が救援に駆けつけて滏水(ふすい)を前に布陣。袁尚は敵の包囲陣に夜襲を仕掛けるも撃退され、かえって自陣まで包囲されてしまう。

この際、陳琳は陰夔(いんき)とともに袁尚の命を受けて使者となり、曹操に降伏を乞うたが許されず。袁尚は夜に紛れて逃走し、陳琳は曹操に帰服した。

曹操は以前(「官渡の戦い」のころ)に陳琳が袁紹のために書いた檄文の中で、自分の父祖まで引き合いに出されたことを責める。ただ陳琳が謝罪すると、曹操も彼の才能を愛していたので、それ以上はとがめなかった。

のち陳琳は阮瑀(げんう)とともに「司空軍謀祭酒(しくうぐんぼうさいしゅ)」となり「記室(きしつ)」を担当。軍事や国政に関する文書や檄文には彼らふたりの作ったものが多かったという。

曹操が「司空」を務めていた期間は196~208年。

やがて陳琳は「門下督(もんかとく)」に、阮瑀は「倉曹掾属(そうそうえんぞく)」に、それぞれ転じた。

五官中郎将(ごかんちゅうろうしょう。211~217年)の曹丕(そうひ)や平原侯(へいげんこう。211~214年)の曹植(そうしょく)が文学を愛好していたため、陳琳も、王粲・徐幹(じょかん)・阮瑀・応瑒(おうちょう)・劉テイ(りゅうてい。木+貞)らとともに友人として親愛された。

217年、陳琳は疫病の大流行に遭い死去。この年には王粲・徐幹・応瑒・劉テイも相次いで亡くなっている(阮瑀は212年没)。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『典略(てんりゃく)』によると、陳琳は種々の文書や檄文を作っていましたが、その草稿ができ上がると曹操に見せていたそうです。

曹操は以前から頭風(とうふう。頭痛の一種)に苦しんでおり、この日も横になりながら読んでいましたが、すっくと身を起こし、「こいつが私の病気を治したぞ!」と言ったのだとか。

陳琳はたびたび手厚い賜与を受けていたともあるので、彼の書いた文章は曹操にとって薬にも勝るものだったのでしょうね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】