桓威(かんい)

【この記事をシェアする】

【姓名】 桓威(かんい) 【あざな】 ?

【原籍】 下邳郡(かひぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・王粲伝(おうさんでん)』に付された「桓威伝」あり。

魏の学者

父母ともに不詳。

桓威は縁故のない低い身分の出身だった。しかし、曹叡(そうえい)の景初(けいしょ)年間(237~239年)に18歳で『渾輿経(こんよけい)』を著し、道家の教えに沿いつつ意見を述べる。

桓威は斉国(せいこく)の「門下書佐(もんかしょさ)」や「司徒署吏(しとしょり)」を経て、のち「安成県令(あんせいけんのれい)」となった。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。学者のひとりとして採り上げられているのでしょうが、それにしては記事もあっさりしすぎており、つかみにくいものがありました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】