阮瑀(げんう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 阮瑀(げんう) 【あざな】 元瑜(げんゆ)

【原籍】 陳留郡(ちんりゅうぐん)尉氏県(いしけん)

【生没】 ?~212年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・王粲伝(おうさんでん)』に付された「阮瑀伝」あり。

手直しいらずの見事な草稿。「建安七子(けんあんのしちし)」のひとり

父母ともに不詳。阮熙(げんき)と阮籍(げんせき)というふたりの息子がいた。

「阮熙」の名は『三国志』には出てこない。

阮瑀は若いころ蔡邕(さいよう。192年没)の下で学ぶ。建安(けんあん)年間(196~220年)、都護(とご)の曹洪(そうこう)から「書記(しょき)」として招かれたものの、これに応じなかった。

のち曹操(そうそう)に仕え、陳琳(ちんりん)とともに「司空軍謀祭酒(しくうぐんぼうさいしゅ)」となり「記室(きしつ)」を担当。軍事や国政に関する文書や檄文には彼らふたりの作ったものが多かったという。

曹操が「司空」を務めていた期間は196~208年。

やがて阮瑀は「倉曹掾属(そうそうえんぞく)」に、陳琳は「門下督(もんかとく)」に、それぞれ転ずる。

五官中郎将(ごかんちゅうろうしょう。211~217年)の曹丕(そうひ)や平原侯(へいげんこう。211~214年)の曹植(そうしょく)が文学を愛好していたため、阮瑀も、王粲・徐幹(じょかん)・陳琳・応瑒(おうちょう)・劉テイ(りゅうてい。木+貞)らとともに友人として親愛された。

のち阮瑀は212年に死去した。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『典略(てんりゃく)』によると、阮瑀は曹操の命を受け、韓遂(かんすい)宛ての文書を作ったことがあったそう。

このとき曹操は近くへ出かけており、阮瑀も随行していましたが、そのまま馬上で草稿を練ると一気に書き上げて差し出します。曹操は筆を執り改稿するところがないか探しますが、結局ひと文字も動かすことができなかったのだとか。

「建安七子」に数えられるのは、孔融(こうゆう)・陳琳・王粲・徐幹・応瑒・劉テイに彼(阮瑀)を含めた7人。

このうち孔融は208年に処刑されており、212年に阮瑀が亡くなった後、217年には疫病の大流行があり、陳琳・王粲・徐幹・応瑒・劉テイも相次いで亡くなってしまいました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】