張承(ちょうしょう)B ※張昭(ちょうしょう)Aの息子

【姓名】 張承(ちょうしょう) 【あざな】 仲嗣(ちゅうし)

【原籍】 彭城国(ほうじょうこく)

【生没】 178~244年(67歳)

【吉川】 第301話で初登場。
【演義】 第102回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・張昭伝(ちょうしょうでん)』に付された「張承伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

文武の才を兼ね備えた張昭の息子

父は張昭だが、母は不詳。張休(ちょうきゅう)は弟。このほかに兄がいた可能性が高い。息子の張震(ちょうしん)は跡継ぎ。妻(後妻)は諸葛瑾(しょかつきん)の娘で、彼女との間に儲けた娘は孫和(そんか)に嫁いだ。

張承は若いころから才知と学問によって名を知られ、諸葛瑾・歩騭(ほしつ)・厳畯(げんしゅん)らと親しく付き合う。

219年、孫権(そんけん)が驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)になると、張承は招かれて西曹掾(せいそうのえん)を務める。やがて地方へ出て長沙西部都尉(ちょうさせいぶとい)となり、山岳地帯に住む不服従民の討伐を進め1万5千の精兵を配下に加えた。

のち濡須都督(じゅしゅのととく)・奮威将軍(ふんいしょうぐん)に任ぜられて都郷侯(ときょうこう)に封ぜられ、5千の部曲(ぶきょく。私兵)を預かる。

244年、張承が67歳で死去すると定侯(ていこう)と諡(おくりな)され、息子の張震が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、張承は勇敢で真心のある行いで知られ、人物鑑定にも秀でていたといい、彼が抜てきした蔡款(さいかん)や謝景(しゃけい)は、のちに衛尉(えいい。蔡款)や豫章太守(よしょうのたいしゅ。謝景)となり、国に欠かせぬ官僚と言われるまでに成長しています。

その一方で若くして多くの人々から才能を高く評価されていた諸葛恪(しょかつかく)については、諸葛の家を滅ぼす者になると見ていました。

また張承は絶えず己を磨き、人々に思いやりをもって接したため、志ある者はみな彼の門をたたいたともあります。父の張昭は学識で知られた名士でしたが、息子の張承のほうは文武の才を兼ね備えた人物だったのですね。
「呉の重臣」収録人物一覧
三国志に登場する、呉(ご)の重臣クラスの人物の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の重臣
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました