張奮(ちょうふん)B ※張昭(ちょうしょう)Aの甥

【この記事をシェアする】

【姓名】 張奮(ちょうふん) 【あざな】 ?

【原籍】 彭城国(ほうじょうこく)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・張昭伝(ちょうしょうでん)』に付された「張奮伝」あり。

攻城兵器を考案したという張昭の甥

父母ともに不詳。張昭は伯父。

張奮は20歳のとき攻城用の「大攻車(だいこうしゃ)」を考案し、歩騭(ほしつ)の推薦を受けて軍に入る。伯父の張昭は、まだ若い張奮が進んで軍に入ろうとする様子を危ぶんだが、彼は聞き入れなかった。

こうして張奮は兵を預かるようになり、のち「将軍(しょうぐん)」としてたびたび功を立てて「平州都督(へいしゅうのととく。『半州都督〈はんしゅうのととく〉』とも)」まで昇り「楽郷亭侯(らくきょうていこう)」に封ぜられたという。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいうえ、具体的な事績についての記事もほとんどなく、どのような人物だったのかはよくわかりませんでした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】