張昭(ちょうしょう)A ※あざなは「子布(しふ)」

【姓名】 張昭(ちょうしょう) 【あざな】 子布(しふ)

【原籍】 彭城国(ほうじょうこく)

【生没】 156~236年(81歳)

【吉川】 第054話で初登場。
【演義】 第015回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・張昭伝』あり。

真心のこもった直言を繰り返すものの「丞相(じょうしょう)」には就けず。婁文侯(ろうのぶんこう)

父母ともに不詳。張承(ちょうしょう)と張休(ちょうきゅう)という息子がいた。張奮(ちょうふん)は甥。

張昭は若いころから学問を好み、隷書をよくした。白侯子安(はくこうしあん)に『左氏春秋(さししゅんじゅう)』を学び、様々な書物を読んだことで趙イク(ちょういく。日+立)や王朗(おうろう)とともに名を知られるようになったという。

張昭は20歳ごろ孝廉(こうれん)に推挙されたものの応じず、王朗と旧君の諱(いみな)を避けることについて議論し陳琳(ちんりん)らの称賛を受けた。

のち徐州刺史(じょしゅうしし)の陶謙(とうけん)から茂才(もさい)に推挙されたが、やはり応じなかったため、腹を立てた陶謙に捕らえられてしまう。この時は趙イクの尽力のおかげで何とか釈放してもらえた。

後漢末(ごかんまつ)に天下が大いに乱れると、徐州の士人や民の多くは揚州(ようしゅう)へ避難したが、同様に張昭も江南(こうなん)へと移る。

196年、孫策(そんさく)が、呉郡の厳白虎(げんぱくこ。厳虎)や会稽太守(かいけいたいしゅ)の王朗らを撃破し自ら「会稽太守」を兼ねると、張昭は「長史(ちょうし)・撫軍中郎将(ぶぐんちゅうろうしょう)」として仕えた。

孫策は張昭の自宅まで出向いて母親にあいさつするなど、まるで同年配の旧友のごとく振る舞い、文武のことを一任した。

200年、孫策が急死したが、張昭は死に臨んだ彼から弟の孫権(そんけん)を託される。そこで群臣の意見を取りまとめ孫権を主君に立てたうえ、自ら補佐することになった。

ところが孫権は突然の兄の死を深く悲しみ、なかなか政治を見ようとしない。張昭は孫権を叱咤(しった)し、馬に乗せ陣中を巡見させる。こうして張昭は孫権の下でも「長史」を務め、これまで通りの職務をこなす。

209年、劉備(りゅうび)の上表により孫権が「行車騎将軍(こうしゃきしょうぐん)」になると、張昭はその「軍師(ぐんし)」に任ぜられた。

孫権は狩猟に行くのが好きで、馬上から虎(トラ)を射ることを楽しみとしていたが、あるとき突進した虎の前脚が鞍(くら)にかかる。

張昭が軽率さを厳しく諫めると、いったん孫権は詫びたが、すぐに特別な虎狩り用の車を作らせるなどし、結局は態度を改めなかった。

221年、魏(ぎ)の曹丕(そうひ)が邢貞(けいてい)を遣わし孫権を「呉王」に封ずる。この際、邢貞は車に乗ったまま宮門を通ったので張昭が無礼をとがめたところ、あわてて邢貞は車から降りた。

やがて張昭は「綏遠将軍(すいえんしょうぐん)」に任ぜられ「由拳侯(ゆうけんこう)」に封ぜられる。

翌222年、孫権が呉に「丞相」を置こうとしたとき、みなの意見は張昭こそその要職にふさわしいというものだった。だが、孫権は張昭ではなく孫邵(そんしょう)を起用し、225年に孫邵が没すると顧雍(こよう)を後任とした。

229年、孫権が帝位に即くと、張昭は老いて病気がちであることを理由に、官職や領地を返上する。そこで改めて「輔呉将軍(ほごしょうぐん)」に任ぜられ、席次は三司(さんし。三公)につぎ「婁侯」に移封された。封邑(ほうゆう)は1万戸だった。

張昭は自宅で過ごすことが増えたので『春秋左氏伝解(しゅんじゅうさしでんかい)』や『論語注(ろんごちゅう)』を著す。

232年、公孫淵(こうそんえん)から呉へ帰属したいとの申し入れがあり、孫権は張弥(ちょうび)や許晏(きょあん)らを遼東(りょうとう)に遣わし公孫淵を「燕王(えんおう)」に封じようとした。すると張昭はこれを諫め、公孫淵の本心に帰属の意思はないと述べる。

孫権は日ごろ張昭を礼遇していたが、みなの前でやり込められることも多く、いつも不満を感じていた。

それでも張昭は態度を変えず、私が真心を尽くして直言するのは、死に臨んだ太后(たいこう。孫権の母の呉氏)さまから後事を託されたためだと言う。これを聴いた孫権は手にした剣を投げ捨てて御座を下り、張昭と向かい合って泣いた。

しかし、孫権は張弥らの遼東派遣を取りやめなかったので、張昭のほうも病と称して参内しなくなる。孫権は恨みを抱き、張昭の屋敷の門を土でふさぐ。それに対し張昭も内側から土を盛り、自ら門を封鎖した。

翌233年、孫権の使者として遼東に赴いた張弥や許晏らが斬られ、公孫淵は彼らの首を魏へ送り届ける。孫権は自分の判断が間違っていたことを認め、何度も謝意を伝えたが、張昭は屋敷から出てこない。

その後、孫権は外出した折に屋敷を訪ね、門前まで行き自ら声をかけたものの、やはり張昭は病が重いと言い、会おうとしなかった。

孫権は門に火を付けて脅(おど)かそうとしたが、張昭はより固く門を閉ざすのみ。孫権は火を消すよう命じた後も久しく門の前にとどまる。

そのうち息子たちが張昭を抱えて連れ出すと、孫権は車に乗せて宮殿へ帰り、自分の過ちを深く反省する。以後、張昭は再び朝会に加わるようになった。

236年、張昭は81歳で死去し「文侯(ぶんこう)」と諡(おくりな)される。長子の張承はすでに「侯」に封ぜられていたため末子の張休が父の爵位を継いだ。葬儀は遺言どおり質素に執り行われ、孫権も素服(白い着物)を着けて参列したという。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く虞溥(ぐふ)の『江表伝(こうひょうでん)』によると、孫権は帝位に即いたあと百官を集めた席上で、即位できたのは周瑜(しゅうゆ)の功だと述べます。

このとき張昭は手にした笏(こつ。礼装時に帯に挟む板)を挙げ、同じく周瑜をたたえようとしましたが、先に孫権がこう言いました。

「もし張公(張昭)の計に従っておれば、今ごろは人から食べ物を恵んでもらう身の上になっていただろう」

張昭は大いに恥じ入り、地に伏して冷や汗を流したのだと。実は張昭は(208年の)「赤壁(せきへき)の戦い」を前に、曹操(そうそう)への降伏論を主張したひとりなのですよね。

この件について裴松之が、張昭が曹操を迎え入れる(つまり降伏する)よう勧めたのは、遠い将来を見通してのことだったのではないかと、張昭に同情的な意見を述べていました。

張昭を始めとする名士たちの補佐あってこその孫氏でしたが、孫権は口を開けば母の遺託を持ち出す彼の存在を、時には素直に受け入れられなかったのでしょう。ですが、張昭は紛れもない建国の功臣。彼を「丞相」とすることを避けた孫権には狭量なところが感じられます。

あと、本伝では張承が「長子」となっていましたが、彼のあざなが「仲嗣(ちゅうし)」で、弟の張休のあざなが「叔嗣(しゅくし)」であることから、彼らには「伯嗣(はくし)」のあざなを持つ兄がいた可能性が高いと思われます。なぜ「伯嗣」への言及がないのかはわからないのですけど……。

なお、参考文献に挙げた『正史三國志群雄銘銘傳(せいしさんごくしぐんゆうめいめいでん)(増補・改訂版)』には以下のようにあります。

「兄弟を年齢順に伯・仲・叔・季(き)・幼(よう)・稚(ち)と言い、孟(もう)・仲・叔とも言い、あざなの一字に用いる例が多い。長男を『孟』で示す例としては、曹操(あざなは『孟徳〈もうとく〉』)や馬超(ばちょう。あざなは『孟起〈もうき〉』)が挙げられる」

ちなみに前者の例としては、夏侯淵(かこうえん)の息子たちが挙げられていました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】