人物データ呉の重臣

谷利(こくり)

【姓名】 谷利(こくり) 【あざな】 ?

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第067回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク

孫権(そんけん)の命を救った側近

父母ともに不詳。

215年、孫権は曹操(そうそう)配下の張遼(ちょうりょう)らが守る合肥(ごうひ)を攻めたものの、陥せずに引き揚げた。

このとき孫権はほとんどの軍勢を先発させたうえで、淩統(りょうとう)や甘寧(かんねい)らとともに逍遥津(しょうようしん)の北に残っていたが、ここで張遼の急襲を受ける。

淩統らが命がけで敵を防ぎ止めている間に、孫権は谷利の助力で一部が壊された橋を馬で跳び越え危機を脱した。功により、谷利はすぐさま都亭侯(とていこう)に封ぜられたという。

もともと谷利は孫権のそばで雑用をこなしていたが、謹直な性格を見込まれ親近監(しんきんかん)に任ぜられた。彼は忠心にあふれ、決して無責任なことを言わなかったので、孫権から信頼され寵愛を受けた。

226年、孫権は武昌(ぶしょう)で新造した大型船を長安(ちょうあん)と名付け、釣台沂(ちょうだいぎ)において進水式を執り行う。

ところがこのとき急に風が強まってきたため、谷利は操舵手(そうだしゅ)に樊口(はんこう)へ向かうよう命じた。

一方で孫権は羅州(らしゅう)まで船を進めよと命じたが、谷利は操舵手に刀を突き付けて樊口へ向かわせる。いったん樊口に入港した後、さらに風が強まり、結局そこから引き返した。

孫権が臆病さをからかうと、谷利はひざまずき言った。

「大王さまは万乗の主であられますのに、何が起こるかわからない淵(ふち)へと軽々しくお進みになり、激浪を楽しんでおられるご様子でした」

「この船の楼は高く、もし転覆するようなことがあれば、いったい社稷(しゃしょく)をどうなさるおつもりだったのですか?」

「それゆえ私は、あえて死をもってお諫めしたのでございます」

この件があってから孫権はいっそう谷利を重んじ、彼の名を呼ばず、谷と(姓で)呼ぶようになったという。なお、その後の谷利については記事がない。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く虞溥(ぐふ)の『江表伝(こうひょうでん)』によるもの。

当サイトの分類方法では正史の「登場人物」という扱いになるのですけど、谷利は本文に名が見えているわけではなく、裴松之注のみに名が見えている人物です。

谷利のような人物まで幅広く採り上げられたことで、孫権の性格の一端が垣間見えますから、やはり裴松之の功績は大きいなと感じました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このページをシェアする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました