棗祗(そうし)

【姓名】 棗祗(そうし) 【あざな】 ?

【原籍】 潁川郡(えいせんぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

「屯田制(民屯)」の導入に大きく貢献

父母ともに不詳。棗処中(そうしょちゅう)という息子がいた。

もともと棗祗の家は「棘姓(きょくせい)」だったが、先祖が難を避けたとき「棗姓」に改めたという。

棗祗は天性の忠誠心と才能を持ち、曹操(そうそう)の挙兵時(189年)から各地の討伐に付き従った。

のち冀州(きしゅう)の袁紹(えんしょう)が棗祗を配下に加えたいと考える。だが、あくまで棗祗は曹操を頼りとし、その下で「東阿県令(とうあけんのれい)」を務めた。

193年、曹操が徐州(じょしゅう)の陶謙(とうけん)討伐に向かう。

翌194年、張邈(ちょうばく)らが曹操の不在を突いて反旗を翻し、兗州(えんしゅう)に呂布(りょふ)を迎え入れた。

このとき州内の郡県はこぞって呼応したが、鄄城(けんじょう)・范(はん)・東阿の3県だけは動揺せず。うち東阿を保持できたことは棗祗の働きによるものだった。

196年、羽林監(うりんかん)の棗祗は韓浩(かんこう)らとともに「屯田制」の導入を進言し曹操に容れられる。棗祗は「屯田都尉(とんでんとい)」に就任した。

民を募り許(きょ)の近辺で屯田を行わせたところ100万斛(ごく)の収穫が上がる。この結果を受け州郡に田官(でんかん)を置くことが定められ、各地に穀物の蓄えができた。

屯田制が大成功を収めたことで、四方を討伐する際に食糧輸送の苦労がなくなり、これにより群賊の討滅、そして天下平定の流れへとつながった。

こうして棗祗は屯田を起こす大功を立てたが、不幸にも早くに亡くなって(時期は不明)しまう。曹操から「太守(たいしゅ。『陳留太守〈ちんりゅうのたいしゅ〉』か?)」の官位を追贈された。

のち曹操は棗祗の功績を考えれば「侯」に封ずるのが当然だったとし、それを引き延ばしにしたことを反省。息子の棗処中に爵位を授け、棗祗の不朽の事業を評価するよう命じたという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)とその裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』、さらに『三国志』(魏書・任峻伝〈じんしゅんでん〉)とその裴松之注に引く『魏武故事(ぎぶこじ)』などによるものです。

『魏武故事』には「屯田制」を取り入れたころの話がありました。

屯田を始めるにあたり、当時の論者はみな、民が持つ牛の頭数によって穀物を供出させるべきだと主張します。そして実際、この方法が採用されました。

ですが施行後、棗祗が繰り返し意見を述べます。

「雇った牛の頭数によって穀物を供出させれば、豊作の年でも官に納める穀物は増えません。水害や干害に遭う(年がある)ことを考慮すれば、官には大いに不都合です」

しかし曹操は今のやり方を続け、豊作の年でも改めることはないと考えました。それでも棗祗が自説に固執したため、曹操の気持ちも揺らぎ、荀イク(じゅんいく)と議論させることにします。

すると、軍祭酒(ぐんさいしゅ)の侯声(こうせい)が言いました。

「官牛の頭数によって穀物を納めさせるのが、官の屯田にふさわしい計であります。棗祗の意見は官に好都合ながら、屯田に携わる民には不都合です」

これを聞くと荀イクもどうすべきか迷ってしまいます。一方の棗祗は自信を示し、さらに「分田の術」を主張しました。

参考文献に挙げた『正史三國志群雄銘銘傳(せいしさんごくしぐんゆうめいめいでん)(増補・改訂版)』によると、「『分田の術』とは田を私牛の所有者と官牛の所有者に分け、前者は軍屯と同じく官に収穫の5割を納め、後者は官に6割を納める取り決めのことである。6割の上納はこの当時、地主に納める小作料とほぼ同率だった」という。

ついに曹操は棗祗の意見を容れ、彼を「屯田都尉」に任じて実行へ移させたのでした。

もちろん天下統一に強力な軍隊は欠かせませんけど、これに先立つのが何と言っても食糧ですから……。棗祗の功績は武勲に勝るものだったと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】