曹殷(そういん) ※魏(ぎ)の安平哀王(あんぺいのあいおう)

【姓名】 曹殷(そういん) 【あざな】 ?

【原籍】 譙郡(しょうぐん)譙県(しょうけん)

【生没】 231~232年(2歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹叡(そうえい)の息子、安平哀王(あんぺいのあいおう)

父は曹叡だが、母は不詳。兄には曹冏(そうけい)・曹穆(そうぼく)がいる。

曹殷は231年7月に誕生したが、翌232年5月に薨去(こうきょ)した。封国と諡号(しごう)を追贈され安平哀王とされた。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました