沐並(もくへい)

【姓名】 沐並(もくへい) 【あざな】 徳信(とくしん)

【原籍】 河間郡(かかんぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

剛直との評判が異境まで聞こえる

父母ともに不詳。沐雲(もくうん)と沐儀(もくぎ)という息子がいた。

沐並は若いころに父を亡くし苦労したが、袁紹(えんしょう)父子の時代(189~204年)に名吏となった。

袁紹は189年に冀州(きしゅう)へ入り、202年に死去した。息子の袁尚(えんしょう)が跡を継ぐも、204年、曹操軍(そうそうぐん)によって本拠としていた鄴(ぎょう)が陥落。その後は各地を逃げ回った末、207年に遼東(りょうとう)で公孫康(こうそんこう)に斬殺された。

沐並は融通の利かないところがあったが、人柄は公正かつ果断で、権力者に対しても遠慮しなかったという。のち曹操に召され「丞相軍謀掾(じょうしょうぐんぼうえん)」となる。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

そして、曹丕(そうひ)の黄初(こうしょ)年間(220~226年)には「成皋県令(せいこうけんのれい)」に転じた。

あるとき校事(こうじ)の劉肇(りゅうちょう)が成皋に立ち寄り、県吏を呼びつけて藁(ワラ)と穀物を要求する。そのころ蝗(イナゴ)や日照りの被害が出ていたため、役所にはまったく蓄えがなかった。

要求に応えないでいたところ、劉肇の部下が役所に乗り込み県吏を罵る。怒った沐並は剣を手にし、多くの県吏とともに劉肇を捕らえようとした。気づいた劉肇は馬で逃げ、この件を報告する。

詔(みことのり)が下って沐並は逮捕されたが、判決は髠刑(こんけい。髪を剃〈そ〉る刑罰)となり、死刑は免れることができた。

沐並は刑期を終えると官吏に復帰したが、以後の10余年は奔放に過ごす。のち曹芳(そうほう)の正始(せいし)年間(240~249年)に「三府長史(さんぷちょうし)」となった。

241年、呉(ご)の車騎将軍(しゃきしょうぐん)の朱然(しゅぜん)に魏(ぎ)の樊城(はんじょう)が攻囲される。別に大将軍(だいしょうぐん)の諸葛瑾(しょかつきん)に柤中(そちゅう)が占領された。

このとき呉軍では、水軍の兵士に峴山(けんざん)の東で船用の木材を切り出させた。牂牁(そうか)出身の人夫や兵士が食事を作り、先に煮えた者がまだ煮えない者に声をかけ、「一緒に食べよう」と言う。だが、まだ煮えない者は「嫌だ」と応えた。

すると、先に煮えた者が言った。

「あんた。沐徳信(『徳信』は沐並のあざな)になるつもりかい?」

沐並の名が流布し、異境にまで広がっているさまはこのようなもので、中華(ちゅうか)の地においても、沐並を知らない者は(あまりに有名なので)前代の人だと思い込んでいたほど。

沐並は「長史」となり8年が経つと、晩年に地方へ出て「済陰太守(せいいんのたいしゅ)」を務め、召し還されて「議郎(ぎろう)」に任ぜられた。

すでに60余歳になっていた沐並はあらかじめ自分が亡くなった後のことを決めておき、葬儀は簡素に営むよう息子たちを戒める。

嘉平(かへい)年間(249~254年)に病が重くなり、いよいよ危篤となると、やはり前もって(埋葬用の)穴を掘っておくよう命じた。

そして、息が絶えたらお前たちふたりですぐさま遺体を穴に入れ、大声で泣く礼はやめ、婦女による野辺送りもせず、弔問客は断り、粟(アワ)や米を盛った供え物も設けるなと戒める。

また、今後も亡くなった者は柩(ひつぎ)に納めず、(墓に)土を盛ったり植樹をしてはならないとも戒め、妻子は彼の言いつけに従ったという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・常林伝〈じょうりんでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』などによるもの。

『魏略』では、常林・吉茂(きつぼう)・沐並・時苗(じびょう)の4人をまとめて「清介伝(せいかいでん。心が清らかなため世間と合わず、孤独な様子〈の人々を採り上げた伝〉)」としているとのこと。

己の考えを貫き通し、前代の人だと思い込まれるほどの評判を得た沐並。単なるわからず屋ではこうした扱いにならないでしょうから……。彼の行いは計算されたものではなく、確固たる考えに基づいたものだったのですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】