孫乾(そんけん)

【姓名】 孫乾(そんけん) 【あざな】 公祐(こうゆう)

【原籍】 北海郡(ほっかいぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第044話で初登場。
【演義】 第012回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・孫乾伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

交渉能力に優れ、劉備(りゅうび)の使者として活躍

父母ともに不詳。

194年、孫乾は死去した陶謙(とうけん)に代わり徐州刺史(じょしゅうのしし)となった劉備に招聘(しょうへい)され、従事(じゅうじ)に任ぜられる。以後、劉備に付き従い各地を転々とした。

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『鄭玄伝(ていげんでん)』によると、孫乾を州に推薦したのは鄭玄だったという。

199年、劉備は下邳(かひ)で曹操(そうそう)に背いて独立し、袁紹(えんしょう)と手を結ぼうとしたが、このとき孫乾が使者を務めて話をまとめた。

また、201年に劉備が荊州(けいしゅう)の劉表(りゅうひょう)を頼ろうとした際も、孫乾は麋竺(びじく)とともに使者を務め、劉表に話を通した。

214年、劉備が成都(せいと)で劉璋(りゅうしょう)を降した後、孫乾は秉忠将軍(へいちゅうしょうぐん)に任ぜられる。劉備の孫乾への礼遇は麋竺に次ぐもので、簡雍(かんよう)と同等だったというが、それからしばらくして孫乾は死去(時期は不明)した。

管理人「かぶらがわ」より

本伝には記事が少なく、使者としての高い適性を備えていたことぐらいしかわかりませんでした。こうした事情が、かえって『三国志演義』や吉川『三国志』における魅力的な孫乾像を作り出す結果につながったのでしょうか?
「蜀の重臣」収録人物一覧
正史『三国志』(蜀書)に伝や付伝の立てられているすべての人物に加え、そのほかに蜀と関わりが深かった人物についても個別の記事を作って採り上げました。姓名の左にあるのは、正史『三国志』の収録状況です。「★」…本紀(ほんぎ。帝紀〈てい...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

人物データ 蜀の重臣
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました