簡雍(かんよう)

【姓名】 簡雍(かんよう) 【あざな】 憲和(けんか)

【原籍】 涿郡(たくぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第073話で初登場。
【演義】 第018回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・簡雍伝』あり。

自分流を貫いた劉備(りゅうび)の旧友

父母ともに不詳。

簡雍は若いころ劉備と知り合い、彼に付き従い各地を転々とした。

201年、劉備が荊州(けいしゅう)の劉表(りゅうひょう)を頼ったとき、簡雍は麋竺(びじく)や孫乾(そんけん)とともに「従事中郎(じゅうじちゅうろう)」となる。彼らは劉備の話し相手をしたり使者の役目を務めたりした。

211年、劉備が益州(えきしゅう)へ入ると、随行していた簡雍は劉璋(りゅうしょう)から大いに気に入られる。

214年、劉備が成都(せいと)を包囲した際、簡雍は命を受け城内へ遣わされ、劉璋の説得にあたり降伏を認めさせることに成功した。簡雍は「昭徳将軍(しょうとくしょうぐん)」に任ぜられたが、その後については記事がない。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、簡雍は態度が伸び伸びとしており、豪放で細かいことにこだわらなかったという。劉備の前でも足を投げ出して座り、脇息(きょうそく)にもたれ、威儀を整えず心のまま振る舞っていたとも。

劉備に対してもこのような態度を取っていたほどなので、諸葛亮(しょかつりょう)らに応対する際は、自分だけ長椅子を占めたうえ、首を枕に載せ、横になったまま話をしたそう。

個人的にはこういう型破りな人物は嫌いではないですが、相当の地位に昇った劉備の側近としては微妙なものがあると思います。

ただ簡雍は機知に富む一面を持っており、本伝に次のような話も見えました。

あるとき干ばつのため飲酒を禁じ、酒を醸造した者を刑罰に処したことがあった。役人がある家から醸造に使う道具を没収したところ、論者(ここでは裁判の担当官吏?)は実際に酒を造った者と同罪にすべきだと考えた。

簡雍が劉備と外出したとき、ひと組の男女が道を行くのを見て言った。

「あのふたりは淫らなことをしようとしております。なぜ捕縛されないのですか?」

劉備が応えた。

「きみはどうしてそのようなことがわかるのか?」

すると簡雍が言った。

「彼らは(淫らなことをするための)道具を持っております。酒を造ろうとした者と同じです」

劉備は大笑いし、醸造に使う道具を没収された者を許した。

これは決して品のあるやり取りとは言えませんけど、簡雍の頭の回転の速さや、劉備とは気が置けない関係だったことがうかがえる話ですね。

なお本伝の裴松之注によると、簡雍はもともと「耿(こう)」という姓だったといい、幽州(ゆうしゅう)の人々は「耿」を「簡」と発音したので、そのまま姓を「簡」に変えたのだということです。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】