陸績(りくせき)

【姓名】 陸績(りくせき) 【あざな】 公紀(こうき)

【原籍】 呉郡(ごぐん)呉県(ごけん)

【生没】 188~219年(32歳)

【吉川】 第135話で初登場。
【演義】 第038回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・陸績伝』あり。

畑違いの任務に充てられ、その学識を生かしきれず

父は陸康(りくこう)だが、母は不詳。陸儁(りくしゅん)は兄。陸遜(りくそん)や陸瑁(りくぼう)は同族。陸宏(りくこう)と陸叡(りくえい)という息子がおり、ほかに陸鬱生(りくうつせい)という娘もいた。

「陸儁」の名は『三国志』には出てこない。

193年、このとき6歳の陸績は、九江(きゅうこう)で袁術(えんじゅつ)に目通りする機会があった。

その席で橘(ミカン)が出されていたので、陸績はこれを懐に3個入れたが、退出のあいさつをした際に床にこぼれ落ちてしまう。

すると袁術が言った。

「陸郎(りくろう。陸の若君)は招かれた席で懐に橘を隠したりするのか?」

陸績はひざまずき応えた。

「母のために持って帰ろうと思ったのです」

これを聞いた袁術は大いに感じ入ったという。

孫策(そんさく)が呉県にいたころ、張昭(ちょうしょう)・張紘(ちょうこう)・秦松(しんしょう)を上賓として厚遇した。

張昭らが孫策に迎えられたのは196年ごろのこと。

あるとき孫策が彼らと語り合い、いまだ天下は安定していないから、武力を用いて平定を目指すべきだと述べた。

まだ年少の陸績は末席にいたが、斉(せい)の桓公(かんこう)を補佐した管夷吾(かんいご。管子〈かんし〉)のやり方や孔子(こうし)の言葉を挙げ、道徳を軽んじ武力ばかりを重んずることに反対を唱える。張昭らは陸績の非凡さに心を動かされたという。

200年、孫策が急死し弟の孫権(そんけん)が跡を継ぐと、陸績は召されて「奏曹掾(そうそうのえん)」となる。だが、直言を繰り返したため地方へ出され「鬱林太守(うつりんのたいしゅ)・偏将軍(へんしょうぐん)」に転じ、2千の兵士を授けられた。

陸績は足の具合が悪かったうえ、学者としての仕事をしたいとも思っていたことから、地方で「太守」を務めるのは己の志に沿わないものだった。

そこで日々の仕事をこなしながら著述はやめず、『渾天図(こんてんず)』を著したり、『易経(えききょう)』に注を付けたり『太玄経(たいげんきょう)』に解釈を施したりし、これらはみな広く世に伝えられたという。

219年、陸績は32歳で死去した。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、陸績は風貌が勇壮なうえ博学多識で、天文暦法や数学など様々な分野の書物を通読していたそうです。

以前から有名だった虞翻(ぐはん。164~233年)や荊州(けいしゅう)の名士たる龐統(ほうとう。179~214年)も、年下の陸績と親しく付き合ったのだとか。

慣れない鬱林での暮らしが陸績の命を削ったのなら、孫権はもったいないことをしましたね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】