顧徽(こき)

【姓名】 顧徽(こき) 【あざな】 子歎(したん)

【原籍】 呉郡(ごぐん)呉県(ごけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹操(そうそう)と見事に渡り合った能弁の士

父母ともに不詳。顧雍(こよう)は同母兄。顧裕(こゆう)という息子がいた。

兄の顧雍にも顧裕という同名の息子(あざなは不詳)がいて紛らわしい。顧徽の息子の顧裕は、あざなを季則(きそく)といった。

顧徽は若いころに遊学し、弁才があったという。

200年、孫策(そんさく)の急死を受け孫権(そんけん)が跡を継ぐと、顧徽は有能さを見込まれて召し出され主簿(しゅぼ)に任ぜられた。

その後、顧徽が出かけた折、営軍(えいぐん)の部将がひとりの男を市場へ引っ立て、今にも処刑しようとしているのを見かける。部将に男の罪状を尋ねると、100銭(せん)を盗んだのだという。

これを聞くと、顧徽はしばらく処刑を待てといい、孫権のもとに駆けつけて述べた。

「現在われらは兵士をよく養い、北方の賊どもの討伐を目指しているところです。この(処刑されそうになっている)兵士は体格も立派ですし、盗んだ銭もわずかなもの。どうか彼に哀れみを垂れたまわんことを……」

孫権は兵士を許したうえ、顧徽の進言を嘉(よみ)した。やがて顧徽は東曹掾(とうそうのえん)に転ずる。

曹操が東方の攻略をもくろんでいるとの話が伝わると、顧徽は特に孫権の命を受け、輔義都尉(ほぎとい)として曹操のもとへ遣わされた。

顧徽は曹操の問いかけに無難に応ずる一方で、江東(こうとう)が大豊作だったことや、長年にわたり山沢から出てこなかった賊徒らがみな孫権の教化を受け、進んで兵士として加わっていることなどを語る。

すると曹操は笑って言った。

「私と孫将軍(そんしょうぐん。孫権)とは姻戚関係を結んでおり、ともに漢室(かんしつ)をお支えすべき立場であるから、われらは一家も同然だ。それなのに、なぜきみはそのような話を聞かせようとするのか?」

また顧徽が応えて言った。

「あなたさまは、わが主君と盤石のごとき強固な関係を築かれ、喜びや憂いをも共有しておられます。ですから、きっと江南(こうなん)の現状をお知りになりたいだろうと思い、お話しした次第です」

顧徽は曹操に手厚くもてなされ、無事に帰国を果たした。そして孫権にこう報告する。

「敵国の内情を探るのは至難ですが、私がひそかに知り得た情報によれば、ただいま曹操は袁譚(えんたん)と交戦中で、ほかのことを考える余裕はないようでございます」

帰国後、顧徽は巴東太守(はとうのたいしゅ)に任ぜられた。しかし、さらに孫権が彼を重用しようと考えていたとき、図らずも死去(時期は不明)してしまったという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は『三国志』(呉書〈ごしょ〉・顧雍伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く韋昭(いしょう。韋曜〈いよう〉)の『呉書』によるもの。曹操とのやり取りだけを見ても、顧徽の能弁さや思慮深さがうかがえます。

ただ、曹操が袁譚を南皮(なんぴ)で撃破し、その妻子ともども処刑したのは205年1月のことなので、顧徽は同母兄の顧雍(168~243年)に比べると、孫権の下で活躍した期間はだいぶ短かったようですね。
「呉の重臣」収録人物一覧
三国志に登場する、呉(ご)の重臣クラスの人物の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の重臣
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました