吾彦(ごげん)

【姓名】 吾彦(ごげん) 【あざな】 士則(しそく)

【原籍】 呉郡(ごぐん)呉県(ごけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第120回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

長江(ちょうこう)を流れ下る木くずを見て、晋軍(しんぐん)の動きに感づいたものの……

父母ともに不詳。

272年、呉の西陵督(せいりょうとく)の歩闡(ほせん)が城に立てこもったまま反旗を翻し、晋へ使者を遣り降伏を申し入れる。

このとき陸抗(りくこう)の命を受け、吾彦は左奕(さえき)や蔡貢(さいこう)らとともに西陵へ討伐に向かう。この年のうちに陸抗は西陵城を陥落させ、歩闡の一族と主だった部将や軍吏らを処刑した。

280年、晋の司馬炎(しばえん)は呉への総攻撃を開始したが、これに先立ち晋の龍驤将軍(りょうじょうしょうぐん)の王濬(おうしゅん)は、蜀(しょく)の地で軍船の建造を進めていた。

吾彦は長江の上流から流れてきた木くずを拾うと、それを孫晧(そんこう)に差し出して言った。

「晋がわが呉の攻略をもくろんでいるに違いありません。すぐに建平(けんぺい)の守備兵を増強なさるべきです。建平さえ陥落しなければ、晋軍も長江を攻め下っては来ないでしょう」

だが、孫晧は進言を容れようとしなかった。その結果、呉軍は各地で大敗を喫し、この年の春には孫晧が全面降伏を申し入れ、ついに呉は滅亡した。なお、その後の吾彦については(『三国志』には)記事がない。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫晧伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く干宝(かんぽう)の『晋紀(しんき)』、および『三国志』(呉書・陸遜伝〈りくそんでん〉)に付された「陸抗伝」によるもの。

「その後の吾彦については(『三国志』には)記事がない」と書きましたが、唐代(とうだい)に編纂(へんさん)された『晋書(しんじょ)』には「吾彦伝」があります。

ですが、そちらの内容を反映できていないので、この記事も中途半端なものになってしまいました。いずれ加筆できればいいなと思います。

『正史三國志群雄銘銘傳 増補・改訂版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 潮書房光人社)などを見ると、吾彦に関する記事が相当量あるようです。
「呉の重臣」収録人物一覧
三国志に登場する、呉(ご)の重臣クラスの人物の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の重臣
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました