曁豔(きえん)

【姓名】 曁豔(きえん) 【あざな】 子休(しきゅう)

【原籍】 呉郡(ごぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人事刷新の志は良かったものの、その時機を誤る

父母ともに不詳。

曁豔は朱治(しゅち)に取り立てられ、のち同郡の張温(ちょうおん)から招かれて選曹郎(せんそうろう)となり、やがて尚書(しょうしょ)まで昇進する。曁豔は自分の考えに固執するところがあり、気性も激しく人物の批評を好んだ。

当時、三署(さんしょ)の郎官(ろうかん)に不適当な人物が多いのを見ると、彼らの落ち度を容赦なく指摘し、厳格な人事評価を断行。その結果、降格者が続出し、もとの役職にとどまれる者は1割もいなかった。

さらに、汚職の度合いがひどい者をみな軍吏とし、特別な営府を設けて呼び集めるといったことまで行った。

そのため次第に恨みや憤りの声が強まり、「曁豔と選曹郎の徐彪(じょひゅう)は専断を行っており、賞罰も不公平だ」と讒言(ざんげん)され、ふたりとも自殺に追い込まれた(時期は不明)という。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は『三国志』(呉書〈ごしょ〉・張温伝)などによるものです。

曁豔が度を越した人事評価を始めたとき、陸遜(りくそん)・陸瑁(りくぼう)・朱拠(しょきょ)といった面々に諫められたものの、曁豔は聞き入れようとしませんでした。

大胆な人事の刷新を成功させたいという志は悪くなかったのでしょうけど、その進め方があまりにも極端すぎました。

それに彼が自殺に追い込まれたのは、実際のところ孫権(そんけん)が張温を失脚させようと策を巡らせたことに起因するので、曁豔らは張温の巻き添えを食った形ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の重臣
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました