孫桓(そんかん)

【姓名】 孫桓(そんかん) 【あざな】 叔武(しゅくぶ)

【原籍】 呉郡(ごぐん)

【生没】 198~223年(26歳)

【吉川】 第251話で初登場。
【演義】 第082回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・孫桓伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫河(そんか)の息子

父は孫河だが、母は不詳。孫助(そんじょ)と孫誼(そんぎ)は兄で、孫俊(そんしゅん)は弟。

222年、孫桓は25歳で安東中郎将(あんとうちゅうろうしょう)に任ぜられ、陸遜(りくそん)とともに蜀(しょく)の劉備(りゅうび)の東征軍を防ぐ。

このとき劉備軍には圧倒的な勢いがあり、その軍勢が山谷に満ち満ちていた。孫桓は命を惜しまず武器を振るい、陸遜と力を合わせて戦ったため、劉備は何もできないまま敗走した。

孫桓は敗走する劉備を追撃。夔城(きじょう)へ通ずる道を断ち要所を封鎖した。劉備は山中の険阻を越え、何とか白帝城(はくていじょう)へ逃げ込むことができたが、嘆息して言ったという。

「むかし(209年)朕(ちん)が京城(けいじょう)へ行ったとき、孫桓はまだ小児(こわっぱ)にすぎなかった。その孫桓に、いまこのように追い詰められようとは――」

孫桓は功績を認められて建武将軍(けんぶしょうぐん)に任ぜられ、丹徒侯(たんとこう)に封ぜられた。

しかし翌223年、牛渚督(ぎゅうしょのとく)となって長江(ちょうこう)を下り、横江(おうこう)に砦を築いていたとき急死した。このとき26歳だった。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く韋昭(いしょう。韋曜〈いよう〉)の『呉書』によると、孫桓は端正な風貌を備えていたうえ聡明、博学で、人との議論や応対に長けていたそうです。

いつも孫権は孫桓のことを、「帝族中の顔淵(がんえん。孔子〈こうし〉の弟子)だ」と言っていたほどで、武衛都尉(ぶえいとい)に抜てきしました。

「孫桓は(219年に)関羽(かんう)を華容(かよう)で討伐した際の作戦にも参加し、関羽の配下を説得して5千人を帰順させ、牛馬や兵器などを大量に鹵獲(ろかく)した」ともありました。

なお、『三国志』(呉書・孫韶伝〈そんしょうでん〉)によると、「(孫桓の父の)孫河はもとの姓を『愈氏(ゆし)』といい、この愈氏は孫氏と同じ呉郡の人だった。孫策(そんさく)は愈河(ゆか。孫河)を寵愛し、孫姓を与えて一族の籍に加えた」ということです。

ただ、この「孫韶伝」の裴松之注に引く韋昭(韋曜)の『呉書』には内容の異なる記事もあり、「孫河は孫堅(そんけん)の族子(おい。同族内で子の世代にあたる者)で、姑(おば)の愈氏の養子となったものの、のちに孫姓に戻った」のだといいます。

どちらの話も決定打に欠けますが、もし孫河がもともと愈河だったのなら、孫河の息子はともかく、甥の孫韶まで孫姓を名乗れるのでしょうか?

孫韶の父(孫河の弟)の名は出てきませんが、愈河が孫策から孫姓を賜ったのだとしても、その弟や甥まで孫姓を名乗っていいのかな? ということです。

個人的には、孫河が愈氏の養子になっていた時期があり、のち孫姓に戻った、という話のほうが説得力があるように感じました。

しかし、この孫桓も20代での急死ですか……。孫氏の一門だから目立つだけかもしれませんけど、才能ある将軍の早世がやたら多いですよね。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました