呉壱(ごいつ。呉懿〈ごい〉)

【姓名】 呉壱(ごいつ) 【あざな】 子遠(しえん)

【原籍】 陳留郡(ちんりゅうぐん)

【生没】 ?~237年(?歳)

【吉川】 第196話で初登場。
【演義】 第062回で初登場。
【正史】 登場人物。

劉備(りゅうび)の姻戚となり「車騎将軍(しゃきしょうぐん)」まで昇る

父母ともに不詳。妹は劉備の皇后(こうごう)となった。呉班(ごはん)は族弟(いとこ。一族の同世代の年少者)。

彼の本名は「懿(い。呉懿)」だが、(正史の)『三国志』では司馬懿(しばい)の諱(いみな)を避け「呉壱」と表記されている。

呉壱は幼いころ父を亡くしたが、父は劉焉(りゅうえん)と旧知の間柄だった。

188年、その劉焉が「益州牧(えきしゅうのぼく)」となると、呉壱は一家を挙げて付き従い蜀(しょく)へ入る。のち劉璋(りゅうしょう)の時代(194~214年)に「中郎将(ちゅうろうしょう)」となり、213年、涪県(ふうけん)まで進軍してきた劉備に降伏。

翌214年、劉備が成都(せいと)で劉璋を降すと、呉壱は「護軍(ごぐん)・討逆将軍(とうぎゃくしょうぐん)」に任ぜられた。

221年、劉備が帝位に即くと呉壱は「関中都督(かんちゅうのととく)」となる。

230年、呉壱は魏延(ぎえん)とともに南安(なんあん)へ進攻し、魏将の費瑶(ひよう)を撃破。この功により「亭侯(ていこう)」から「高陽郷侯(こうようきょうこう)」に爵位が進み「左将軍(さしょうぐん)」に昇進した。

234年、丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)が陣没すると、呉壱は「督漢中(とくかんちゅう)・車騎将軍・仮節(かせつ)」として「雍州刺史(ようしゅうのしし)」兼ね「済陽侯(せいようこう)」に爵位が進む。そして237年に死去した。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・楊戯伝〈ようぎでん〉)の『季漢輔臣賛(きかんほしんさん)』の陳寿(ちんじゅ)の注記および『三国志』(蜀書・穆皇后伝〈ぼくこうごうでん〉)によるものです。

呉壱の好待遇には妹の存在も大きく関わっていたのでしょうけど、そのことだけで漢中を任せられるはずがありませんので……。ほぼ想像になるものの、将軍としての手腕も優れていたのだと思います。この辺りの関連記事が少ないのは残念でした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】