曹熾(そうし)

【姓名】 曹熾(そうし) 【あざな】 ?

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~187年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹褒(そうほう)の息子で曹仁(そうじん)・曹純(そうじゅん)の父、陳穆侯(ちんのぼくこう)

父は曹褒だが、母は不詳。曹仁と曹純は息子。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・曹仁伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』によると、曹熾は侍中(じちゅう)・長水校尉(ちょうすいこうい)を務めたという。

220年に曹丕(そうひ)が魏王(ぎおう)を継ぐと、曹仁の爵位が陳侯(ちんこう)に進み、亡父である曹熾にも陳穆侯の諡号(しごう)が追贈され、墓守として10戸が置かれた。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。
「魏の曹氏」収録人物一覧
魏(ぎ)の曹操(そうそう)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました