楊脩(ようしゅう)

【姓名】 楊脩(ようしゅう) 【あざな】 徳祖(とくそ)

【原籍】 弘農郡(こうのうぐん)華陰県(かいんけん)

【生没】 175~219年(45歳)

【吉川】 第092話で初登場。
【演義】 第023回で初登場。
【正史】 登場人物。

若者の中では楊徳祖

父は楊彪(ようひゅう)、母は袁氏(えんし。袁術〈えんじゅつ〉の姉妹)。楊囂(ようごう)という息子がいた。

楊脩は謙虚なうえ幅広い才能を持ち、禰衡(でいこう。198年没)が、許都(きょと)にいる若者の中で一番マシだと(禰衡なりに)高く評価したほどの逸材だった。

楊脩は建安(けんあん)年間(196~220年)に孝廉(こうれん)に推挙され「郎中(ろうちゅう)」に任ぜられたものの、丞相(じょうしょう)の曹操(そうそう)の要請により「倉曹属主簿(そうそうぞくしゅぼ)」として起用された。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

このころ軍や国政に関して事が多かったが、楊脩は内外を取り仕切り、処理した案件はよく曹操の意にかなう。こうした活躍により曹丕(そうひ)を始め、みな争うように彼と交わりを結んだという。

臨菑侯(りんしこう。214~221年)の曹植(そうしょく)もまた楊脩に心を寄せ、たびたび手紙をやり取りした。

楊脩は丁儀(ていぎ)や丁廙(ていい)らとともに曹植を守り立て、曹操も跡継ぎを決めかねる。だが、曹植は気ままに振る舞いけじめがなく、そのうち曹操から疎んぜられてしまう。それでも曹植は楊脩らとの付き合いをやめず、楊脩もあえて関係を絶とうとはしなかった。

217年、結局は曹丕が(魏〈ぎ〉の)「王太子(おうたいし)」に立てられる。

219年1月、陽平関(ようへいかん)にあった曹操配下の夏侯淵(かこうえん)が劉備軍(りゅうびぐん)との戦いで討ち死に。

同年3月、曹操は軍勢をひきい長安(ちょうあん)を出ると、斜谷(やこく)を抜けて陽平に到着。要害に拠り抵抗する劉備軍と対峙(たいじ)した。

ほどなく曹操は引き揚げたほうがよいと考え「鶏肋(けいろく)」と布令したが、属官たちにはその意味がわからない。ところが、主簿の楊脩だけはすぐに帰り支度を始める。

驚いた者が尋ねると、楊脩はこう答えた。

「鶏の肋(あばら)は捨てるに惜しい気がするが、食べても腹の足しにはならない。それを漢中(かんちゅう)に例えられたのだから、王(曹操)がご帰還のお考えだとわかったのだ」

同年5月、曹操は軍勢を引き揚げ長安に帰還する。

同年秋、楊脩は、以前に何度も曹植に曹操の質問を漏らし、その返答まで用意したことなどをとがめられ、逮捕後に処刑された。彼が袁術の甥(母が袁術の姉妹)にあたっていたことも災いしたという。

そして、楊脩の死から100余日(翌220年1月)で曹操も崩じ、跡を継いだ曹丕が天下を支配することになった。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・陳思王植伝〈ちんしおうしょくでん〉)とその裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『典略(てんりゃく)』によるもの。

なお「鶏肋」の逸話は、『三国志』(魏書・武帝紀〈ぶていぎ〉)の裴松之注に引く司馬彪(しばひゅう)の『九州春秋(きゅうしゅうしゅんじゅう)』に見えており、禰衡から評価された件は、『三国志』(魏書・荀イク伝〈じゅんいくでん〉)の裴松之注に引く『平原禰衡伝(へいげんでいこうでん)』に見えています。

これほどの知恵者でありながら、楊脩は己の最期を予測できなかったのでしょうか? まぁ、彼を引きつけた曹植のほうに強烈な魅力があった、とも言えますかね。

あと驚いたのは、楊脩の名が『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・先主伝〈せんしゅでん〉)の裴松之注に引く『益部耆旧雑記(えきぶききゅうざっき)』に見えていたこと。

「劉璋(りゅうしょう)配下の張松(ちょうしょう)が…」とくれば、あぁと思われる方も多いはず。『吉川版』(第188話)や『演義』(第60回)でも使われていた『孟徳新書(もうとくしんしょ)』のエピソードです。

張松は小柄で勝手気ままな振る舞いが多く、品行を整えようとしなかったものの、高い見識と才腕の持ち主だったそう。その張松が劉璋の使者として曹操のもとへ遣わされた際、あまり礼遇されなかったという。

ところが主簿の楊脩は張松を高く評価し、召し抱えたほうがよいと上言します。曹操は承知しませんでしたが……。

また、楊脩が曹操の著した兵書を見せたところ、張松は宴会の間に通覧し、その場で暗唱したのだとか。それで楊脩は、ますます張松を特別視したということでした。あの話には元ネタがあったのですね。

ほかにも楊脩がらみのエピソードは多く、そのほとんどに元ネタがあるようで……。頭の回転の速さには驚かされるばかり。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】