孫助(そんじょ)

【姓名】 孫助(そんじょ) 【あざな】 ?

【原籍】 呉郡(ごぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫河(そんか)の息子

父は孫河だが、母は不詳。孫誼(そんぎ)・孫桓(そんかん)・孫俊(そんしゅん)は、みな弟。

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫桓伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く韋昭(いしょう。韋曜〈いよう〉)の『呉書』によると、孫助は曲阿県長(きょくあけんのちょう)となったが早くに亡くなったという。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

『三国志』(呉書・孫韶伝〈そんしょうでん〉)によると、「(孫助の父の)孫河はもともと愈姓(ゆせい。愈河)で、孫氏と同じく呉郡の人だった。孫策(そんさく)は愈河を寵愛し、孫姓を与えて一族の籍に加えた」ということです。

その一方、同じく「孫韶伝」の裴松之注に引く韋昭(韋曜)の『呉書』によると、「孫河は孫堅(そんけん)の族子(おい。同族内で子の世代にあたる者)であり、姑(おば)の愈氏の養子となったが、のちに孫姓に戻った」ということでした。

両者の記事は内容が異なっていますけど、どちらが正しいのかは判断がつきません。

また、孫河は204年に嬀覧(きらん)と戴員(たいうん)によって殺害されましたが、なぜ孫助ら息子ではなく、甥の孫韶が残された軍勢を取りまとめたのかも引っかかります。これは、そのとき17歳だったという孫韶より、孫助らがさらに年少だったということなのでしょうか?

なお、弟の孫桓には独立した伝があり、その生年が198年だったこともわかります。204年の時点で孫桓は7歳ですから、これだと17歳の孫韶が引き継いだほうがいいですね。

孫助は生没年がはっきりしないため、孫桓との年齢差もわかりません。やはり孫韶より年少だったのか? それとも孫桓とは年が離れていて、すでに亡くなっていたのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました