曹安(そうあん。陸安〈りくあん〉)

【姓名】 曹安(そうあん) 【あざな】 ?

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の遠祖にあたるという伝説時代の人

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』に登場。

それによると、「曹操の先祖は黄帝(こうてい)から出ており、高陽(こうよう。黄帝の孫である顓頊〈せんぎょく〉の国号)の時代に陸終(りくしゅう)の息子に陸安という者がいて、彼が『曹』の姓を名乗った」という。

また、訳者注(今鷹真〈いまたか・まこと〉氏)によると、「陸終は顓頊の4代目の子孫。その父が顓頊の次に天子〈てんし〉となった帝嚳(ていこく)に仕えており、時代的には合わないが、伝説としては気にならないのであろう」という。そして「陸安は陸終の第5子である」ともいう。

管理人「かぶらがわ」より

曹操の父の曹嵩(そうすう)は、夏侯氏(かこうし)から(異説もある)曹騰(そうとう)の養子に入ったと言われていますから、あくまで曹氏の遠祖にあたる人物ということ。黄帝や顓頊の時代となると、もちろん詳しいことはわかりません。

まったく本筋とは関係のない話ですが、もし「曹操」が「夏侯操」だったら、だいぶイメージが変わりますね……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】