曹奐(そうかん)

【姓名】 曹奐(そうかん) 【あざな】 景明(けいめい)

【原籍】 譙郡(しょうぐん)譙県(しょうけん)

【生没】 245~302年(58歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第114回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・陳留王紀(ちんりゅうおうぎ)』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の第5代皇帝、晋(しん)の司馬炎(しばえん)に禅譲

燕王(えんおう)の曹宇(そうう)の息子で、もとの名を曹璜(そうこう)という。先代の曹髦(そうぼう)が殺害されたあと帝位に即いた。

265年に晋王(しんおう)の司馬炎に禅譲。その後は陳留王に封ぜられ、302年に58歳で薨去(こうきょ)した。諡号(しごう)は元皇帝(げんこうてい)。

主な経歴

-245年(1歳)-
この年、誕生。

-258年(14歳)-
この年、安次県(あんじけん)の常道郷公(じょうどうきょうこう)に封ぜられた。

-260年(16歳)-
6月、洛陽(らくよう)に入城し、郭太后(かくたいこう。明元郭皇后〈めいげんかくこうごう〉)に目通りする。その日のうちに太極前殿(たいごくぜんでん)で帝位に即いた。

大赦を行い「甘露(かんろ)」を「景元(けいげん)」と改元したうえ、格差をつけて民に爵号および穀物や絹織物を下賜した。

6月、大将軍(だいしょうぐん)の司馬昭(しばしょう)を相国(しょうこく)に昇進させたうえ晋公(しんこう)に封じ、領邑(りょうゆう)2郡を加増して合わせて10郡とし九錫(きゅうせき)を加えることについて、「先の詔(みことのり)の通りにせよ」として、司馬昭の兄弟や従兄弟の息子たちのうち、まだ侯に取り立てられていない者をみな亭侯(ていこう)に封じ、銭1千万と絹1万匹(びき)を下賜しようとする。

しかし、またも司馬昭が固辞したので沙汰やみになった。

6月、漢(かん)の献帝(けんてい)の皇后(こうごう)だった曹節(そうせつ。曹操〈そうそう〉の娘)が死去。曹奐は華林園(かりんえん)へ行幸する一方、使持節(しじせつ)を遣わし、曹節に献穆皇后(けんぼくこうごう)の諡(おくりな)を追贈した。

また、「葬儀の際の車・衣服・服喪の決まりについては、すべて漢王朝の慣例どおりに執り行うように」と命じた。

6月、尚書右僕射(しょうしょゆうぼくや)の王観(おうかん)を司空(しくう)に任ずる。

10月、司空の王観が死去。

11月、父の曹宇から冬至を慶賀する上表がある。この際、曹宇は臣と称した。そのため詔を下し、実父の呼び名などの扱いについて「礼典によって処置するように」と命じたうえで、担当官庁に意見を求めた。

12月、華陰県(かいんけん)の井戸の中に黄色い龍が現れる。

12月、司隷校尉(しれいこうい)の王祥(おうしょう)を司空に任ずる。

-261年(17歳)-
5月、日食が起こる。

7月、楽浪(らくろう)の外に住む蛮族の国の韓(かん)と濊貊(わいばく)が、それぞれ部族民を引き連れ朝貢してくる。

8月、趙王(ちょうおう)の曹幹(そうかん)が薨去。

9月、詔を下し、大将軍の司馬昭を相国に昇進させ、晋公に封じて九錫を加えることについて、「先の詔の通りとするように」と再び命ずる。しかし、またしても司馬昭が固辞したので沙汰やみになった。

-262年(18歳)-
2月、軹県(しけん)の井戸の中に青い龍が現れる。

4月、粛慎国(しゅくしんこく)が二重三重の通訳を重ねて入貢してくる。この報告は遼東郡(りょうとうぐん)から届いたもので、「長さ3尺(せき)5寸(すん)の弓30張(ちょう)」「長さ1尺8寸の楛矢(こし)」「弩(いしゆみ)300」「獣皮・獣骨・鉄類から作った鎧20領(りょう)」「貂(テン)の皮400枚」が献上された。

「弩300」について、原文では「石砮(せきど)300枚」とあるようで、弩というよりも砮(鏃〈やじり〉にする石)のイメージかとも思われる。

10月、蜀(しょく)の姜維(きょうい)が洮陽(とうよう)に侵攻。鎮西将軍(ちんぜいしょうぐん)の鄧艾(とうがい)が応戦。侯和(こうか)で蜀軍を撃破し姜維は逃走。

この年、詔を下し、亡き軍祭酒(ぐんさいしゅ)の郭嘉(かくか)を太祖(たいそ。曹操)の廟(びょう)の前庭に祭った。

-263年(19歳)-
2月、詔を下し、大将軍の司馬昭を相国に昇進させ、晋公に封じて九錫を加えることについて触れ、「先の詔の通りとするように」と再び命ずる。しかし、またしても司馬昭が固辞したので沙汰やみになった。

5月、詔を下す。蜀が頼みにしているのは、ただ姜維ひとりであるとして、征西将軍(せいせいしょうぐん)の鄧艾に、「諸軍を統率して甘松(かんしょう)および沓中(とうちゅう)に進発し、姜維を生け捕りにするように」と命じたうえ、雍州刺史(ようしゅうしし)の諸葛緒(しょかつしょ)にも「諸軍を統率して武都(ぶと)および高楼(こうろう)に進発し、前後から追い立てることを命ずる」というもの。

これに加え、鎮西将軍の鍾会(しょうかい)にも「駱谷(らくこく)を通って蜀を攻撃するように」と命じた。

9月、太尉(たいい)の高柔(こうじゅう)が死去。

10月、卞氏(べんし)を皇后に立てる。

10月、詔を下し、大将軍の司馬昭を相国に昇進させ、晋公に封じて九錫を加えることについて、「先の詔の通りとするように」と再び命ずる。ここでようやく司馬昭が詔を受け入れる。

11月、大赦を行う。

11月、蜀の劉禅(りゅうぜん)が征西将軍の鄧艾に降伏。これにより巴蜀(はしょく)の地をことごとく平定することができた。

12月、司徒(しと)の鄭沖(ていちゅう)を太保(たいほ)に任ずる。

12月、益州(えきしゅう)を分割して梁州(りょうしゅう)を設置。

12月、益州の士民に特赦を行い、今後5年間にわたって租税の半分を免除することを決める。

12月、征西将軍の鄧艾を太尉に、鎮西将軍の鍾会を司徒に、それぞれ任ずる。

12月、郭太后が崩御(ほうぎょ)。

-264年(20歳)-
1月、囚人護送車を差し向け、太尉の鄧艾を逮捕するよう命ずる。これは鍾会の誣告(ぶこく)を受けての措置だった。

1月、長安(ちょうあん)へ行幸。

1月、華山(かざん)へ使者を遣わし、璧(へき)と絹を捧げて祭る。

1月、司徒の鍾会が蜀で反乱を起こしたものの、配下の兵士らに殺害される。

1月、衛瓘(えいかん)によって成都(せいと)で捕縛された鄧艾も、田続(でんしょく)に殺害される。

2月、益州に在任する者たちの罪を特に赦す。

2月、明元郭后(めいげんかくこう。郭太后)の葬儀を執り行う。

3月、司空の王祥を太尉に、征北将軍(せいほくしょうぐん)の何曾(かそう)を司徒に、尚書左僕射(しょうしょさぼくや)の荀顗(じゅんぎ)を司空に、それぞれ任ずる。

3月、司馬昭の爵位を晋公から晋王に進めたうえ10郡を加増し、以前の領地と合わせて20郡とする。

3月、昨年(263年)降伏した蜀の劉禅を安楽公(あんらくこう)に封ずる。

5月、相国の司馬昭から「五等の爵位制度(公・侯・伯・子・男)」の復活を求める上奏がある。

5月、「景元」を「咸熙(かんき)」と改元。

5月、亡き舞陽宣文侯(ぶようせんぶんこう)の司馬懿(しばい)を晋宣王(しんのせんおう)に、同じく亡き舞陽忠武侯(ぶようちゅうぶこう)の司馬師(しばし)を晋景王(しんのけいおう)に、それぞれ改めて追封する。

6月、鎮西将軍の衛瓘が、成都県で手に入れた璧と玉(ぎょく)の印(いん)、各1顆(か)を献上してくる。なお、この印に刻まれた文字は「成信」とあるようだった。

7月、魏が蜀を平定したあと、永安(えいあん)に迫っていた呉軍がすべて退却する。

7月、呉の孫休(そんきゅう)が死去し、孫晧(そんこう)が帝位に即く。

8月、中撫軍(ちゅうぶぐん)の司馬炎に相国(司馬昭)の補佐を命ずる。

8月、詔を下し、先の鍾会の反乱鎮圧に功績があった、相国左司馬(しょうこくさしば)の夏侯和(かこうか)と中領軍司馬(ちゅうりょうぐんしば)の賈輔(かほ)を郷侯(きょうこう)に、郎中(ろうちゅう)の羊琇(ようしゅう)と騎士曹属(きしそうぞく)の朱撫(しゅぶ)を関内侯(かんだいこう)に、それぞれ封じ、散将(さんしょう)の王起(おうき)を部曲将(ぶきょくしょう。部隊の将)に任ずる。

8月、衛将軍(えいしょうぐん)の司馬望(しばぼう)を驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)に任ずる。

9月、中撫軍の司馬炎を撫軍大将軍(ぶぐんだいしょうぐん)に任ずる。

9月、詔を下す。魏への帰順を申し出ていた呉の呂興(りょこう)について触れ、「呂興を使持節・都督交趾諸軍事(ととくこうししょぐんじ)・南中大将軍(なんちゅうだいしょうぐん)に任じ定安県侯(ていあんけんこう)に取り立てたうえ、適切に判断を下して職務を処理し、その執行後に上奏することを許す」というもの。

だが、この詔が届かないうち呂興は部下によって殺害された。

10月、詔を下す。呉への南下について触れ、かつて寿春(じゅしゅん)で捕虜になった、もと呉の配下で魏の相国参軍事(しょうこくさんぐんじ)の徐紹(じょしょう)と水曹掾(すいそうえん)の孫彧(そんいく)に、南方(呉)への帰還を命ずるもの。

これは国家の恩恵を明らかにする措置だとし、呉への帰国にあたり、徐紹を兼散騎常侍(けんさんきじょうじ)・奉車都尉(ほうしゃとい)に任じたうえ都亭侯(とていこう)に取り立て、孫彧を兼給事黄門侍郎(けんきゅうじこうもんじろう)に任じたうえ関内侯に取り立てた。さらに、徐紹らに下賜した侍婢(じひ)や家族も同行することを許した。

10月、撫軍大将軍・新昌郷侯(しんしょうきょうこう)の司馬炎を、晋王の司馬昭の世子(せいし)に任ずる。

この年、屯田の官を廃止し賦税(ふぜい)と役務を均一化。各郡に設置していた典農(てんのう。典農中郎将〈てんのうちゅうろうしょう〉)はみな太守(たいしゅ)とし、都尉(とい。典農都尉)もみな県令(けんれい)や県長(けんちょう)とした。

また、蜀の旧民から魏に移住可能な者を勧誘したり募集したりする。これに応ずる民には2年分の食糧を給付し、力役(りきえき)や租税を免除し優遇した。

この年、安弥県(あんびけん)と福禄県(ふくろくけん)から「嘉禾(かか。穂がたくさん付いた立派な穀物)が生えた」との報告が届いた。

-265年(21歳)-
2月、胊䏰県(くじんけん)で捕獲された神秘的な亀が献上されたため、相国府(しょうこくふ)に収めさせる。

2月、かつて鍾会が反乱を起こした際、成都の諸陣営に鍾会の反逆を知らせて回り、命を落とすことになった虎賁(こほん)の張脩(ちょうしゅう)について触れ、その弟の張倚(ちょうい)を関内侯に取り立てる。

4月、南深沢県(なんしんたくけん)から「甘露が降った」との報告が届く。

4月、呉の孫晧の使者として紀陟(きちょく)と弘璆(こうきゅう)が到着し、和親を求めてくる。

5月、詔を下し、呉の孫晧から献上された品々を相国・晋王の司馬昭に届けさせようとする。しかし、司馬昭が固辞したため沙汰やみになった。

5月、詔を下し、相国・晋王の司馬昭に「冠に12の玉飾りを付けること」「天子(てんし)の旗を立て出入りの際に先払いの役を配置し、ほかの者を通行禁止とすること」「金根車(きんこんしゃ)に乗り、これを6頭立ての馬に引かせ、五時車(ごじしゃ。5色ある季節の色を塗った車)を副車(そえぐるま)として備えること」「旄頭(ぼうとう)と雲罕(うんかん)を備えること」「八佾(はちいつ。天子の舞楽。8人が8列になって舞う)の舞楽を演ずること」「宮殿に鐘をつるす台を設置すること」を許す。

また、晋国の王妃を王后(おうこう)に、世子を王太子に、それぞれ昇格させ、王子・王女・王孫の爵号を旧例に従って改めさせた。

5月、大赦を行う。

8月、相国・晋王の司馬昭が薨去。

8月、晋の王太子の司馬炎が、父の官職と領地を受け継ぎ政治万端を取り仕切る。司馬炎の調度や礼式についても司馬昭の待遇と同じとした。

8月、襄武県(じょうぶけん)から「3丈(じょう)余りもある巨人が現れた」との報告が届く。この巨人は足跡が3尺2寸もあった。白髪で黄色の単衣(ひとえ)を身に着けており、黄色の頭巾をかぶり、杖に寄りかかっていた。巨人は王始(おうし)という平民に声をかけ、「今に呉が平定され太平になるぞ」と言った。

9月、大赦を行う。

9月、司徒の何曾が晋の丞相(じょうしょう)に任ぜられる。

9月、驃騎将軍の司馬望を司徒に、征東大将軍(せいとうだいしょうぐん)の石苞(せきほう)を驃騎将軍に、征南大将軍(せいなんだいしょうぐん)の陳騫(ちんけん)を車騎将軍(しゃきしょうぐん)に、それぞれ任ずる。

9月、司馬昭の葬儀を執り行う。

閏11月、康居(こうきょ)と大宛(だいえん)から名馬が献上されたため相国府に届けさせたうえ、すべての国々をなつけ、遠方から使者を招き寄せた司馬炎の勲功を顕彰する。

12月、百官に詔を下し、晋王の司馬炎に帝位を譲る。その際の礼式は漢・魏の交代の例に倣った。

12月、晋王の司馬炎に使者を遣わし、策(さく。命令を書き付ける札)を捧げ持たせる。こうして自身は金墉城(きんようじょう)へ移ることになったが、のちに鄴(ぎょう)に屋敷を構えた。

-302年(58歳)-
この年、晋の陳留王として薨去。

管理人「かぶらがわ」より

曹奐は、司馬氏が禅譲の準備を整えるまでの形式的な皇帝にすぎませんでした。司馬昭が薨ずるや事は動き、年内の禅譲によってついに魏は滅亡に至りました。

蜀の攻略に功績があった鄧艾と鍾会。そのうちの鄧艾は鍾会の誣告をきっかけに倒れ、残った鍾会も姜維と組んで反乱を起こすも、あっけなく倒れてしまいました。これではとても司馬氏の相手になりません。

魏は、曹丕(そうひ)のときから帝族を大国に封ずることを避け、厚遇しませんでした。逆に晋は帝族を大国に封じた結果、やがて骨肉の大乱を招くことになりました。結局、大切なのは制度ではなく、それに関わる人だということでしょうか?
「魏の曹氏」収録人物一覧
魏(ぎ)の曹操(そうそう)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました