田疇(でんちゅう)

【姓名】 田疇(でんちゅう) 【あざな】 子泰(したい)

【原籍】 右北平郡(ゆうほくへいぐん)無終県(ぶしゅうけん)

【生没】 169~214年(46歳)

【吉川】 第121話で初登場。
【演義】 第033回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・田疇伝』あり。

封爵を辞退し「議郎(ぎろう)」のまま生涯を終える

父母ともに不詳。息子がいたものの早くに亡くなったという。

田疇は読書好きで、剣術にも長けていた。

190年、東方で義軍が決起すると、董卓(とうたく)は献帝(けんてい)を洛陽(らくよう)から長安(ちょうあん)へ遷した。

この動きを見た幽州牧(ゆうしゅうぼく)の劉虞(りゅうぐ)は献帝のもとへ使者を遣わし、臣下としての節義を捧げたいと考える。そこでみなの意見を聴き、まだ22歳だった田疇を手厚く招請して「従事(じゅうじ)」に任じ、彼の供をする車騎を用意した。

田疇は乱賊がはびこっている現状を考え、公式の使者ではなく個人の旅行を装うことにしたいと願い出て劉虞の許しを得る。

彼は自分の家にいた食客の中から、随行を熱望する20人の若者を選び出発。街道に出ると西関(せいかん。居庸関〈きょようかん〉)を通り国境を越える。

そして北山(ほくざん。陰山〈いんざん〉山脈)に沿い朔方(さくほう)へ向かい、間道を進む。こうして長安にたどり着き使命を果たすことができた。

このとき田疇は詔(みことのり)によって「騎都尉(きとい)」に任ぜられる。しかし、天子(てんし。献帝)が都(洛陽)を離れられ、いまだ落ち着かれてもいないのに、栄誉や恩寵を頂くわけにはいかないとして辞退。

朝廷は彼の道義にかなう考え方に感心し、三府(三公の役所)がともに招聘(しょうへい)したが、やはり田疇はすべて受けなかった。

193年、田疇は返書を受け取り幽州への帰途に就いたが、帰り着く前に劉虞は公孫瓚(こうそんさん)に殺されてしまう。田疇は劉虞の墓に拝礼し霊を祭り、献帝の返書を開いて読み上げると、涙を流し哭(こく。死者に対して大声を上げて泣く礼)する。

話を聞いた公孫瓚はひどく怒り、懸賞金を出して田疇を捕らえたものの、彼の勇気ある受け答えに感心し処刑しなかった。

それでも軍の管理下に拘束したうえ、旧友らと連絡を取ることは許さない。のち公孫瓚はある者から、義士を閉じ込めたことで人心を失わないか気がかりだと言われ、ようやく田疇を釈放した。

田疇は北方へ帰ると、一族らとともに徐無山(じょむさん)の山中に分け入り、平坦な場所に居を構える。ここで自ら農耕をして父母を養ったが、数年の間に彼の下に帰属する民は5千家を超す。

長老らの推挙により田疇が指導者として立てられると、彼は刑法や婚姻の礼などを定め、学校も建てた。

北方地帯は彼の威光と信義に服し、烏丸(うがん)や鮮卑(せんぴ)も使節と通訳を遣わし、貢ぎ物を届けてきた。田疇はみなを慰撫(いぶ)し貢ぎ物を受納したうえ、国境を侵犯しないよう命ずる。

たびたび袁紹(えんしょう)は使者を遣わし、田疇に将軍(しょうぐん)の印を授けて懐柔しようとした。だが、田疇はすべて拒否して受けない。202年に袁紹が亡くなると、その息子の袁尚(えんしょう)も彼を招いたが、あくまで田疇は行かなかった。

田疇は、以前に烏丸が右北平郡の高官を数多く殺害したことを忘れず、これを討伐したいと考えていたが、まだ力不足だった。

207年、曹操(そうそう)が烏丸討伐に赴くと、先に使者を遣り田疇を招いた。また配下の田豫(でんよ)に命じ、今回の遠征の趣旨を説明させた。すると田疇は急いで旅装を整え、使者に付いて曹操軍と合流。

曹操は「司空戸曹掾(しくうこそうえん)」に任じたが、田疇を引見するとすぐさま茂才(もさい)に推挙し、改めて「ジョウ県令(じょうけんのれい)」に任ずる。それでも田疇は任地へ行かず、曹操に随行して無終に宿営した。

曹操が「司空」を務めていた期間は196~208年。

ちょうど夏の雨期にあたり、海岸沿いの低地に水がたまり道路が通れなくなる。曹操は撤退すると見せかけ、田疇の先導で徐無山を登り、盧龍(ろりょう)から平岡(へいこう)を通って白狼堆(はくろうたい)に登った。

ここで遼西の単于(ぜんう。王)の蹋頓(とうとつ)と交戦。これを大破して追撃を加え、柳城(りゅうじょう)まで到達する。

田疇は功により500戸の「亭侯(ていこう)」に取り立てられたものの固辞。曹操も彼の思いを理解し、それを許した。

やがて遼東太守(りょうとうたいしゅ)の公孫康(こうそんこう)が領内に逃げ込んでいた袁熙(えんき)・袁尚兄弟らを斬り、その首を送り届けてくる。

曹操は、あえて哭する者がいれば斬罪に処すと命じたが、田疇は以前に袁尚から招かれたことがあったので、これを弔った。だが、この時も曹操は田疇の思いに理解を示し、問題にはしなかった。

その後、田疇は一族とともに鄴(ぎょう)に住んだが、曹操から下賜された車馬・穀物・絹などはすべて親族や友人に分けてしまう。

荊州(けいしゅう)討伐から帰還すると、曹操は再び田疇を「亭侯」に封じようとする。田疇が辞退し、曹操が封爵を命ずることが三、四度に及んだものの、どうしても受けない。担当官吏から田疇を弾劾する声も上がったが、曹操は決めかね、息子の曹丕(そうひ)と大臣たちに広く議論させる。

曹丕を始め、尚書令(しょうしょれい)の荀イク(じゅんいく)や司隷校尉(しれいこうい)の鍾繇(しょうよう)は、田疇の申し出を聞き入れてやるべきだとした。

それでも曹操は諦めきれず、田疇と仲の良かった夏侯惇(かこうとん)に説かせたが、やはり受けない。ついに曹操もため息をつき、田疇を「議郎」に任ずることにした。

214年、田疇は46歳で亡くなった。

管理人「かぶらがわ」より

田疇が袁尚を哭したことについて、裴松之(はいしょうし)がこう批判していました。

「田疇が袁紹父子の招きに応じなかったのは、彼らの行いが正しくなかったからである。だから全力で魏の太祖(たいそ。曹操)のために計り、盧龍の策を立てたのである」

「袁尚が逃亡し遼東で首を授ける羽目になったのは、すべて田疇の建策があったからだ。袁尚を賊徒として扱っておきながら、なぜその首を弔ったりしたのか?」

「以前に召命を受けたことに義理を感じていたのなら、太祖のために袁尚を殺す計略を立て、彼をここまで追い込むべきではない。この田疇の行為は正当性を持たないと思う」

なるほど。田疇が袁尚を哭したことに計算のようなものがあったとは思えませんけど、確かに筋は通りません。

また封爵を拒むというのは、自身の節義を示す形としてはイマイチな感じがします。それほど節義にこだわるなら、徐無山の時みたいにどこかで隠棲(いんせい)すればいいのでは? とも思えますし……。曹操の遼西遠征では大功を立てた田疇ですが、節義の示し方というのは意外に難しいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】