薛瑩(せつえい)

【この記事をシェアする】

【姓名】 薛瑩(せつえい) 【あざな】 道言(どうげん)

【原籍】 沛郡(はいぐん)竹邑県(ちくゆうけん)

【生没】 ?~282年

【吉川】 登場せず。
【演義】 第120回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・薛綜伝(せつそうでん)』に付された「薛瑩伝」あり。

父子3代にわたり皇太子(こうたいし)の教育を担う

父は薛綜だが、母は不詳。薛珝(せつく)は兄。薛兼(せつけん)という息子がいた。

薛瑩は初め「秘府郎(ひふろう)」や「中書郎(ちゅうしょろう)」を務める。

そして258年、孫休(そんきゅう)が帝位を継ぐと「散騎中常侍(さんきちゅうじょうじ)」に任ぜられた。

数年後に病気のため辞職したが、264年に孫晧(そんこう)が帝位を継ぐと「左執法(さしっぽう)」として復帰。

やがて「選曹尚書(せんそうしょうしょ)」に昇進し、269年に孫瑾(そんきん)が「皇太子」に立てられると「太子少傅(たいししょうふ)」を兼ねた。

271年、孫晧は薛綜が残した文章を読み感心したので、その息子である薛瑩に命じ同様のものを作るよう命ずる。

そこで薛瑩は一編の詩を献じ、孫権(そんけん)・孫和(そんか)・孫晧をたたえ、薛氏一族への厚恩に感謝する気持ちを述べた。

この年、何定(かてい)の建議により、聖谿(せいけい)に運河を掘って長江(ちょうこう)や淮水(わいすい。秦淮水〈しんわいすい〉とも)まで水運を通ずることになる。

このとき薛瑩が1万の人夫を指揮して現場で監督にあたったものの、巨大な岩が多く工事が難航したため計画を中止して引き揚げた。

これを受けて薛瑩は地方へ出され「武昌左部督(ぶしょうのさぶとく)」に転じた。

翌272年、何定が誅殺されると、薛瑩の聖谿における失敗が再び採り上げられ、投獄のうえ広州(こうしゅう)へ流される。

しかし右国史(ゆうこくし)の華覈(かかく)の上疏により、ほどなく召し還され「左国史」に任ぜられた。

しばらくのち、薛瑩と同郡の出身で選曹尚書の繆禕(びゅうい)が自分の意見を主張して譲ろうとせず、一部の者の恨みを買う。

繆禕は「衡陽太守(こうようのたいしゅ)」に左遷されることになったが、拝命後に過去の職務上の件で問責を受け、上表文をもって陳謝した。

繆禕が参内のついでに薛瑩のところへ立ち寄ると、また告げ口する者がいて「繆禕は己の罪を恐れず、賓客たちとともに薛瑩を訪ねて会合を開いた」と讒言(ざんげん)されてしまう。

そのため繆禕は投獄され桂陽(けいよう)へ流されることになり、薛瑩も広州へ戻されることになった。ただ薛瑩は広州へ着かないうちに、孫晧の召還命令が出されたので復職できた。

当時の法律や制度は実情に合わないものが多く、人々の行動への規制もひどかった。たびたび薛瑩は改善案を上言し、刑罰を緩めて労役を減らすよう訴え、いくつかは実施につながった。

その後、「光禄勲(こうろくくん)」に昇進。

280年、晋(しん)が呉へ大攻勢を仕掛けると、孫晧は司馬伷(しばちゅう)・王渾(おうこん)・王濬(おうしゅん)に書簡を送って降伏を申し入れたが、この文章は薛瑩の書いたものだった。

呉が滅亡した後、薛瑩は晋都の洛陽(らくよう)へ移ったが、呉の旧臣中では真っ先に叙任され「散騎常侍」となる。そして晋の朝廷にあっても、彼の応対や処置はみな条理にかなったものだったという。

282年、薛瑩が死去すると、彼の残した8編の著作は『新議(しんぎ)』としてまとめられた。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王隠(おういん)の『晋書(しんじょ)』によると。

薛瑩の息子の薛兼は、司馬睿(しばえい)の時代(317~322年)に「太子少傅」を務めたといいますから、祖父の薛綜と父の薛瑩を含め、3代にわたって皇太子の教育にあたったことになります。

薛瑩は孫晧の時代(264~280年)に九卿(きゅうけい)まで昇りながら、文才と学識をもって何とか晋代まで生き残りました。

それでも運河工事の失敗やら、繆禕への讒言の巻き添えを食うやらで、危ない場面が何度もあったようですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】