曹琬(そうえん)

【姓名】 曹琬(そうえん) 【あざな】 ?

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹均(そうきん)の息子、豊恭王(ほうのきょうおう)

父は曹均だが、母は不詳。曹抗(そうこう)は兄、曹敏(そうびん)は弟。息子の曹廉(そうれん)は跡継ぎ。

222年、曹琬は197年に戦死した曹昂(そうこう)の跡継ぎとして立てられ、中都公(ちゅうとこう)に封ぜられた。同年には長子公(ちょうしこう)に移封された。

224年、曹昂の諡号(しごう)が豊悼公(ほうのとうこう)から豊悼王(ほうのとうおう)と改められ、さらに229年には豊愍王(ほうのびんおう)と改められた。

254年、曹琬が曹昂の爵位を継ぐ形で豊王(ほうおう)に封ぜられた。正元(せいげん)年間(254~256年)・景元(けいげん)年間(260~264年)にたびたび加増され2,700戸となった。

曹琬が薨去(こうきょ)すると恭王の諡号を追贈され、息子の曹廉が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・張繡伝〈ちょうしゅうでん〉)によると、「200年に張繡が賈詡(かく)の計に従い再び曹操(そうそう)に降伏した際、曹操は到着した張繡の手を取って喜び、歓迎の宴会を催したうえ、張繡の娘を息子の曹均の妻に迎え、張繡に揚武将軍(ようぶしょうぐん)の位を授けた」とありました。

ですが、ここは引っかかるところ。197年の曹昂の戦死は曹操の張繡討伐に付き従ったことによるものです。その後、222年になり、曹均の息子の曹琬が(曹昂の)跡継ぎとして立てられたのです。

曹昂にとっては敵(かたき)とも言えるのが張繡。しかし、張繡の娘が曹均の妻であるなら、曹琬は彼女が生んだ息子ということもあり得る。ただ、もしそういう背景があれば、曹昂の跡継ぎとして立てられるものでしょうか? 曹琬を生んだのは、曹均の別の妻なのかもしれませんね。
「魏の曹氏」収録人物一覧
魏(ぎ)の曹操(そうそう)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました